2017年05月09日

オーバーラップ、FIFA U-20ワールドカップ、・・について

・・「オーバーラップ」・・

オーバーラップというとサイドでのプレーでよく耳にします。

外側からボールホルダーを追い越してボールを受けます。

DFが上がったり、MFが上がったりします。

近ごろではDFのオーバーラップも珍しいことではなくなっています。

それだけ、運動量も必要とするのでした。






・・・「FIFA U-20ワールドカップ」・・

サッカーの世界選手権大会の一つで、20歳以下の選手で構成されるナショナルチームで挑みます。

2年ごとに開催され、開催年の1月1日付で20歳未満であることが出場の要件となります。

学年ではないので、同じ学年でも出られる人と出られない人がいるというのは意外かも。






・・・「土佐二十四万石博」・・

高知市で高知城をメイン会場に開催された博覧会です。

2006年放送のNHK大河ドラマ「功名が辻」にあわせて開催されました。

博覧会の効果で高知城懐徳館の入場者も大幅に伸びたようです。

SL急行の一豊&千代号も好評だったようです。

土佐二十四万石博特別というレース名の競馬まであったようです。



続きを読む
posted by とむ at 02:44| レジャーのいろいろ

2017年05月03日

オフ・ザ・ボール、FIFAコンフェデ杯、・・について

・・「オフ・ザ・ボール」・・・

サッカーのゲーム中で、ボールを持っていない時のことです。

このオフ・ザ・ボールのときの準備が非常に重要です。

攻撃の場合は、ボールのもらい方や、スペースの作り方などをしっかり考えて動くことが大事です。

守備の時にはボールの奪い方やカバー、マークなどで忙しいはずです。





・・・「FIFAコンフェデ杯」・・

ナショナルチームのサッカーの国際大会のひとつです。

ワールドカップのように独自の予選を行うのではなく、各大陸の覇者が集い争われます。

つまり、日本の場合はアジアカップを制することで出場できる大会ということです。

ワールドカップの前の年に開かれるのが慣例になっています。





・・・「熊本城築城400年祭」・・

2006年12月から熊本城一帯で開催された地方博覧会です。

「ひごまる」という熊本城の形のキャラクターがマスコットでした。

ひごまるは、その後、熊本市のイメージキャラクターとなりました。

プロローグ「夜明け」から始まり、花絵巻、春絵巻、夏絵巻、秋絵巻、冬絵巻、エピローグ「未来へ」と2008年5月まで続いたのでした。



続きを読む
posted by とむ at 05:21| レジャーのいろいろ

2017年04月27日

オン・ザ・ボール、FIFAワールドカップ、・・について

・・「オン・ザ・ボール」・・・

オン・ザ・ボールとはボールを持っている状態です。

この時の動きは、ボールを奪われないことが大事です。

また状況に応じて、すぐボールを離したり、あるいはキープしたり、運んだり、様々な選択肢があります。

周囲からももっとも注目を浴びる瞬間なので、失敗したくないですね。






・・・「FIFAワールドカップ」・・

サッカーの大会で最も知名度の高い世界大会です。

サッカーではオリンピックよりも人気です。

オリンピックと同様に4年に一度本大会が開催されます。

その一方で、予選は1〜2年かけて行われるので、話題は途切れないですね。

ナショナルチームでの戦いのため、様々なクラブチームから代表選手が召集されるのでした。






・・・「北近江一豊・千代博覧会」・・

滋賀県長浜市で2006年に開かれた地方博覧会です。

NHK大河ドラマ「功名が辻」と同じ年に開かれたのでした。

目標入場者は50万人で、開催中の10月に達成したようです。

「功名が辻」は、誠実だけど取り柄がない戦人・山内一豊が、妻・千代の知恵や機転の助けにより、土佐24万石の領主まで上りつめる物語です。




続きを読む
posted by とむ at 06:35| レジャーのいろいろ

2017年04月21日

ディレイ、サッカーの国際大会、・・について

・・「ディレイ」・・・

ディフェンスのシーンではあえてボールを奪いに行かずに、攻撃を遅らせることに注力することがあります。

この状態をディレイといいます。

ボールを奪いに行くと、簡単にかわされてしまうこともあるので、そうではなく、味方が戻るまでの時間を稼ぐという発想です。

チームプレーの発想ですね。





・・・「サッカーの国際大会」・・・

世界中で愛されるサッカーだからこそ、国際大会も実にいろいろあります。

たとえば国を代表するチーム同士が戦う大会だけじゃなくて、クラブチームが戦う大会もあります。

実力あるプレーヤーほどいろんな国際大会に参加するので、どんどん知名度が上がっていきます。






・・・「長崎さるく博」・・・

大掛かりな施設などを建設することなく開催された2006年の地方博覧会です。

「さるく」とは長崎弁で「うろつきまわる」の意味なんだとか。

「日本初のまち歩き博覧会」と定義しています。

提案者はのちに長崎市長になった市役所職員だったそうです。

コースも非常に多く、殆どが無料もしくは低予算で参加できるものだったそうです。



続きを読む
タグ:ディレイ
posted by とむ at 04:28| レジャーのいろいろ

2017年04月15日

チャージ、FIFAバロンドール、・・について

・・「チャージ」・・・

肩などで相手にぶつかり、ボールを奪いに行くときに行います。

ボールを待つときにスペースを奪い合ってする場合もあります。

強すぎるチャージはファウルとなりますが、適切に行うのは正当なプレーです。

当りが強いこともサッカーでは大事な武器となります。

体を強くすることも大事です。






・・・「FIFAバロンドール」・・・

クラブでの活躍だけではなく、国の代表としての活躍も評価されて選ばれる優秀選手賞です。

その年もっとも活躍したことが賞されるのでした。

世界的な名プレーヤーが候補に選ばれて、選出まですごく盛り上がります。

2010年からFIFA最優秀選手賞とバロンドールが一つになってますます注目されるようになったのでした。






・・・「愛・地球博」・・・

2005年日本国際博覧会として、国内では大阪万博以来の2回目の総合的なテーマを取り扱う大規模な国際博覧会。

「愛知万博」として、あるいは愛称「愛・地球博」の名前でよばれました。

会場までの足として日本初の磁気浮上式リニアモーターカーとなる「リニモ」も話題となりました。

キャラクターのモリゾーとキッコロはその後も博覧会後も活躍を目にします。



続きを読む
タグ:チャージ
posted by とむ at 06:52| レジャーのいろいろ

2017年04月09日

フィジカル、フラッグベアラー、・・について

・・「フィジカル」・・・

メンタルに対をなす言葉です。

メンタルは精神面を表す言葉ですが、身体的な側面である、体の強さなどを示すときにいいます。

世界的にみると日本人はフィジカルが強いとは言えません。

そのためサッカーでは連携・組織力でカバーするのでした。

フィジカルが強いほうが、競り合いにも有利です。





・・・「フラッグベアラー」・・・

サッカーの大きな試合の前はいくつかのセレモニーが行われます。

Jリーグや代表戦でも行われるセレモニーの一つに、何人かで旗をもって入場するシーンを見かけます。

国旗や大会旗などをもつ人たちのことをフラッグベアラーというんだとか。

あまり役割の名前まで気にしたことがある人は多くないかな。





・・・「花フェスタ2005ぎふ」・・

岐阜県可児市の花フェスタ記念公園で2005年に開かれたイベントです。

10年前の1995年にも花フェスタが行われた会場の跡地を整備して会場にしています。

同じ年に行われた愛知での愛・地球博に関連して開催されました。

メインとなったバラは7,000品種、6万1千株もの規模だったそうです。




続きを読む
タグ:フィジカル
posted by とむ at 06:32| レジャーのいろいろ

2017年04月03日

ボディシェイプ、ホペイロ、・・について

・・「ボディシェイプ」・・

選手の動きや身体の姿勢について指す概念です。

ボールを持っている・持っていないにかかわらず、体勢や体の向き、ポジションなどが非常に重要です。

次のプレーを繰り出すのに無理のない準備を行うことが素晴らしいプレーを行うために必要です。

ついボールに意識がいきがちですが、体の準備にも注意したいです。





・・・「ホペイロ」・・・

サッカーの試合や練習を支える役割です。

日本ではあまり聞くことがない役割ですが、海外では当たり前にあるんだとか。

用具係と訳されるようですが、用具の準備だけじゃなく、ロッカールームの準備なども行います。

スパイクの手入れや練習着の洗濯なども行うのでした。






・・・「えひめ街並博2004」・・

愛媛県南予地域で2004年に行われました。

パビリオンのない博覧会というユニークなかたちでの開催でした。

開催期間中、数々のイベントが住民主体だったり、自治体主体だったりで開かれました。

たとえば、歌舞伎公演や、日本一長い廊下での雑巾がけレースなどです。



続きを読む
posted by とむ at 06:45| レジャーのいろいろ

2017年03月28日

チェイシング、エスコートキッズ、・・について

・・「チェイシング」・・・

ボールを持った相手を追いかけ続けることです。

一発勝負で抜かれるディフェンスではだめなので、粘り強く、しつこくいくことが大事です。

フォアチェックは、チェイシングを高い位置から行うことです。

早めにプレッシャーをかけることで高い位置でボールを奪えば、その分攻撃の際に相手ゴールが近いのでした。





・・・「エスコートキッズ」・・・

サッカー選手一人ひとり、それぞれ子供たちと手をつないで会場に入場するのが試合ではよく見る風景です。

この子供たちがエスコートキッズです。

エスコートチルドレン、フェアプレーチルドレンと表現されることもあるそうです。

子供たちに恥ずかしくないプレーをしようということで、フェアプレーを象徴する存在なのでした。





・・・「浜名湖花博」・・・

浜名湖ガーデンパークで2004年に開催されました。

しずおか国際園芸博覧会「パシフィックフローラ2004」です。

期間中、遠州エリア近郊で聴取できたイベントラジオ放送であるFMのたねが開設されました。

花博会場は、きらめきタワーにより上から見渡せました。

昭和天皇自然館などもありました。



続きを読む
posted by とむ at 06:31| レジャーのいろいろ

2017年03月22日

スクリーン、サッカーの指揮官、・・について

・・「スクリーン」・・

ボールと相手との間に体を入れて、ボールを奪われないようにするプレーやテクニックのことです。

相手チームの選手が最後に触れたボールをラインを割るまで追いかけて相手に奪われないように出すというときにも使われます。

あるいはスクリーンを作って、味方とボールをスイッチするプレーもありますね。





・・・「サッカーの指揮官」・・・

チームの現場での責任者である監督のことを指揮官ということがあります。

試合での勝敗や、大会での成績に責任を負う立場であり、チームを導くことが仕事です。

普通は、選手を引退した後に監督になる場合が多いです。

ちなみに名選手が必ずしも名監督になるとは限らないのでした。





・・・「熱海花の博覧会」・・

静岡県熱海市で開催された2004年の地方博覧会です。

パシフィックフローラ2004・しずおか国際園芸博覧会の熱海サテライト会場でもありました。

熱海特産の橙をモチーフにした「だいだい城」や、ふれあいパビリオンでは、ダイアナ元妃の「プリンセスオブウェールズ展」も開催されました。



続きを読む
タグ:スクリーン
posted by とむ at 06:53| レジャーのいろいろ

2017年03月16日

スルー、勝ち点、・・について

・・「スルー」・・

ボールが自分に向かってきているにもかかわらず、触らずに通すプレーです。

パスコースのさらに奥に味方がいて、自分がオトリになるパターンのプレーです。

そのプレーヤーに気づいていないとできないプレーなので、視野の広さがカギになるのでした。

プレー中にも「スルー」と声掛けすることもあります。






・・・「勝ち点」・・

勝ち3点、引き分け1点、負け0点と、リーグ戦で順位をつけるための試合ごとの得点です。

勝ち点の多いチームから順位が決まります。

勝ち点が同じ場合は、得失点差も考慮して順位を決めます。

その次は、得点、直接勝負の結果などが考慮され、最終的にはPKをやる場合もあるようです。





・・・「若狭路博2003」・・・

福井県小浜市で2003年に開催された地方博覧会です。

「食」「祭」「海」「エネルギー」の4つをテーマを持って開催されました。

想定入場者数は30万人で、43万人を超える来場者がありました。

ダンスフェスティバル、YOSAKOIまつり、千年行列といったイベントも行ったことがよかったのかもしれないです。



続きを読む
タグ:スルー
posted by とむ at 06:39| レジャーのいろいろ