2016年01月26日

3バックシステム、パス、・・について

・・「3バックシステム」・・・

ディフェンダーを3人とするフォーメーションです。

スイーパー型は2人のストッパーの後ろに、1人スイーパーが控えるという形です。

サイドはミッドフィールダーが主にケアします。

フラット型は、ラインコントロールが行いやすいです。

個々のゾーンが広く、抜かれた時の対応が難しいです。






・・・「パス」・・

パスなしにサッカーの攻撃は難しいです。

団子サッカーをしている幼児のサッカーは別として、味方でボールを受け渡しするパスは、団体競技としての根幹です。

パスには様々なものがあります。

状況に応じて使いこなすことが大事です。

いいパスを成立させるには、キック、トラップ、状況確認が欠かせないです。





・・・「アンティークなスタンプ」・・・

スタンプにもアンティークがあるそうです。

スタンプといえば、お正月の年賀状用の干支スタンプや、学校の「たいへんよくできました」スタンプなどをイメージする人も多いと思います。

これらのスタンプは意外に古くから存在します。

そしてアンティークとして集めている人もいるんだそうです。

面白いですね。



続きを読む
posted by とむ at 04:46| レジャーのいろいろ

2016年01月20日

パワープレイ、ラン・ウィズ・ザ・ボール、・・について

・・「パワープレイ」・・

パワープレイは、もともとはアイスホッケーの用語です。

残り時間が少なくなると、負けている側のチームがFWの人数を3〜4人に増やす場合があります。

ときにはゴールキーパーもゴール前で攻撃に参加する時もあります。

このような戦い方をパワープレイと呼ぶのでした。






・・・「ラン・ウィズ・ザ・ボール」・・

ワンタッチコントロールがカギとなります。

カットしたボールもしくは、パスを受けたボールを、トラップした場所から離れた位置で自分のものにします。

ボールに触れる前のスペースの把握が欠かせず、ワンタッチでスペースに出して、自らもダッシュしてボールをキープします。





・・・「フィルムのカメラ」・・

カメラといえばデジカメが当たり前になった今。

昔のフィルムのカメラは懐かしいです。

フィルムの入れ替えがけっこう大変だったりしたこともありました。

フィルムは光が入るとダメですからね。

何度も失敗した人も少なくないはずです。

デジカメでは経験できない作業ですね。



続きを読む
posted by とむ at 04:43| レジャーのいろいろ

2016年01月14日

バイタルエリア、ターンとプレー、・・について

・・「バイタルエリア」・・・

サッカーで得点につながりやすいプレーが起こるエリアを指していいます。

たとえばペナルティーエリアの中でゴール幅と同じ幅のエリアを指したりします。

またDFとMFの間のスペースを指したりもします。

所属する選手の特色などによって、このエリアはチームによって違うこともあります。






・・・「ターンとプレー」・・

方向転換をスムーズに的確にできると、プレーの幅は大きく広がります。

後ろからもらって前に進める、サイドチェンジの中継など、ターンを必要とするタイミングはけっこうあります。

ターンで滞るとせっかくの閃きが台無しになってしまいます。

視野の広さと周りの選手との連動も合わさっていかされる技術です。






・・・「アンティークのカメラ」・・

アンティークのカメラも人気です。

カメラはどんどん高性能になってますが、一方で昔のカメラにも根強いファンがいます。

アンティークのカメラファンといえば、男性に多いですね。

でも女性でもカメラを趣味にする人は多いので、もしかしたら今後増えるかもしれませんね。



続きを読む
posted by とむ at 04:42| レジャーのいろいろ

2016年01月08日

オフサイドトラップ、キープ、・・について

・・「オフサイドトラップ」・・・

オフサイドトラップはサッカーのディフェンスの戦術の一つです。

ディフェンス裏を狙う相手攻撃陣をオフサイドに陥れる戦術です。

ディフェンスの最終ラインの上げ下げとそのタイミングが重要なポイントとなります。

失敗すると相手選手をゴール前にフリーにしてしまうこともあるリスクのある戦術です。





・・・「キープ」・・

キープ力をつけるためにはボールコントロールのスキルアップが大事です。

またキープ後のプレーを決めるのはキープ時の視野ですので、周りを見る力も重要です。

ボールを進めるドリブルにも通じるところですが、ボールから目を離しながらもしっかりコントロールできるようになることが大事です。






・・・「アンティークドレス」・・

ドレスにもアンティークがあります。

女性にとっては興味深いと思いますが、かなり贅沢な趣味かもしれません。

時代を感じさせるものもから、案外今にもあうものもあるようです。

今にあうとはいえ、アンティークドレスを手軽に着る気にはなりにくいでしょうね。

でも友人の結婚式など特別な日にならいけるかも。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年01月02日

ゾーンプレス、ファルカンフェイント、・・について

・・「ゾーンプレス」・・・

「ゾーンディフェンス」と「プレスディフェンス」を掛け合わせた造語です。

カタカナですが英語ではないです。

積極的に高い位置でのボール奪取を目指すため、運動量が減少すると、自陣へのカウンターのリスクが高まります。

連携と運動量が非常に重要な戦術ですが、それだけに効果も大きいです。





・・・「ファルカンフェイント」・・

足裏コントロールとインサイドキックのフェイントを組合せたフェイントです。

名前の由来となっているファルカンはフットサルでは、そのテクニックで知られるブラジル代表の選手です。

連続して繰り出せるフェイントで、やはりボールコントロールのスピードがものをいうフェイントです。





・・・「古い人形」・・・

古い人形はオカルトの定番です。

そのためか、つい怖いイメージを持つこともあります。

でも、どうしてそこまで嫌われるのでしょうか。

それだけ身近で愛情が注がれる対象だからなのかもしれません。

気持ちが残りすぎるくらいのものなので、他人のものだと古いのは怖いのかな。




続きを読む
posted by とむ at 06:50| レジャーのいろいろ

2015年12月24日

リトリート、メイア・ルア、・・について

・・「リトリート」・・・

退却や撤退といった意味の言葉のとおり、ほとんどの選手が自陣に下がり守備に徹する戦術です。

ロングカウンターを狙った戦術だったり、リードしたチームが時間をかせぐ場合に使います。

ただゴール前に下がりすぎると、ミドルシュートのリスクもあるので、バランスも大事です。






・・・「メイア・ルア」・・・

スピードのあるドリブルフェイントの一つです。

相手の脇をボールを通すと同時に、相手の反対の脇をすり抜けて、相手の背後でボールと合流します。

ボールと自分で相手を挟む状態がありますが、スピードでかわしていきます。

日本語では「裏街道」とも呼ばれるフェイントです。






・・・「アンティークドール」・・・

女性のアンティークファンが多い物に、アンティークドールがあります。

レトロでありながら非常にリアルな表情。

ただ古いものを嫌う人もいるので、好みがはっきりするのも人形です。

愛情の詰まった美しいアンティークドールは、好む人にとってはものすごく魅力的にうつるようです。



続きを読む
posted by とむ at 04:46| レジャーのいろいろ

2015年12月18日

フォアチェック、ヒールリフト、・・について

・・「フォアチェック」・・・

サッカーにおけるディフェンスの戦術の一つです。

できるだけ相手のゴールに近いところでボールを奪いに行く戦術です。

相手のゴールに近いほど、得点につながりやすいというものです。

でも、前線の選手の負担が大きくなるため、いたずらに体力を消耗することで得点力が落ちるというリスクもあります。





・・・「ヒールリフト」・・

決まるとかっこいいですが、失敗すると恥ずかしいです。

ボールを前後にまたいで、前の足のかかとにボールを載せて、そのまま蹴り上げて、頭上を越えて前に落とします。

ドリブル中に決めることができれば、シャポーのように相手をかわすこともできます。

試合で使うにはトリッキーすぎるかも。






・・・「アンティークレース」・・

レースやフリルのついた洋服は女の子に人気です。

テーブルクロスやコースターなどにもレースが使われます。

お洒落用のハンカチーフにもレースが入ってます。

そんなレースにもアンティークがあります。

価値を認められるだけあって、アンティークレースのほとんどが、非常に繊細なレースになってます。



続きを読む
posted by とむ at 04:46| レジャーのいろいろ

2015年12月12日

ラインディフェンス、ロコモーティブ、・・について

・・「ラインディフェンス」・・

スウィーパーやリベロをおかないディフェンスで、ディフェンダーがゴールラインと平行なラインを形成します。

このような布陣のメリットはオフサイドによりディフェンスの裏のスペースがコントロールされやすくなります。

以前と異なりリスキーなオフサイドトラップはかけなくなっています。





・・・「ロコモーティブ」・・

ボールをドリブル中にディフェンスが寄ってきたときに、わざと減速して、相手も併せて減速したところを、一気に加速して抜くフェイントです。

足技というよりは、タイミングを重視したフェイントなので、相手をよく見た対応が重要です。

ダッシュが得意な選手に向いているでしょうね。





・・・「アンティークアクセサリー」・・・

アンティークもののアクセサリーにも、ヴィンテージという呼び方もあります。

全体的に輸入品が人気です。

はやりヨーロッパ、とくにフランスのアクセサリーは人気が高いようです。

フランスは、シャネルやサンローランなどが誕生したくらいの土地ですからね。

ファッションには昔から強いようです。



続きを読む
posted by とむ at 04:45| レジャーのいろいろ

2015年12月06日

プレスディフェンス、シャポー、・・について

・・「プレスディフェンス」・・・

ディフェンスが積極的にあ相手のオフェンスに近寄りプレッシャーをかけるという守備です。

ゾーンと組み合わせるとゾーンプレスと呼ばれます。

高い位置でボールを奪うので、攻撃に転じやすいのも特徴の一つです。

一方で後方にスペースを作りやすいので、抜かれたときのリスクに注意が必要なディフェンスです。






・・・「シャポー」・・

シャポーとは帽子のことなんだそうです。

相手の頭の上をふわっとボールを浮かせてかわしていきます。

ボールを相手頭上に上げたら、自身は相手の横をすり抜けて、相手の後ろでボールを拾います。

ペレやロナウジーニョ、ロマーリオなどの名シーンで有名なフェイントです。






・・・「古いアクセサリー」・・・

アクセサリーの中でも、宝石や貴金属が使われたモノは特にジュエリーといわれます。

アクセサリーは主にジュエリー以外のものをさす事も多いです。

ところでアクセサリーの始まりはアフリカにあるそうです。

何万年も昔のアクセサリーとのこと。

ものすごい歴史ですね。



続きを読む
posted by とむ at 04:37| レジャーのいろいろ

2015年11月30日

ゾーンディフェンス、ラ・ボーバ、・・について

・・「ゾーンディフェンス」・・

特定の相手を決めないで、エリアを決めて守備するディフェンスです。

マンツーマンディフェンスと対比されることが多いです。

受け持つゾーンを移動する相手に対して、マークの受け渡しがうまくできないと危険を招くことも。

一方で、相手に抜かれても、ほかのメンバーがフォローしやすい利点もあります。





・・・「ラ・ボーバ」・・・

足裏コントロールを使ったフェイントです。

足を止めて相手と対峙した時に、ボールを出してひっこめる動作で、相手の足をおびき出し、又抜きしたり、横にかわしたりします。

そのままドリブルで走り出したり、パスで進めることもあります。

狙って又抜きするって、けっこうかっこいいかも。





・・・「古いジュエリー」・・

ジュエリーはエジプトやメソポタミアなどの古代文明時代からあったそうです。

ジュエリーはその歴史も古いですね。

ジュエリーは時を経てもその魅力を失わないということでしょう。

しかも、骨董的な付加価値がつけばさらに価値が上がることも。

古いジュエリーには魅力がいっぱいですね。



続きを読む
posted by とむ at 06:48| レジャーのいろいろ

2015年11月24日

マンツーマンディフェンス、マシューズフェイント、・・について

・・「マンツーマンディフェンス」・・・

マークする相手を決めて行うディフェンスです。

メリットとしては、相手の強さに合わせて、守備側の選手を選べること。

たとえば相手のエースに対して守備力の固い選手を充てるなどです。

ただ、相手の動きに味方ディフェンスの配置が動かされるので、危険な場所にスペースを作ってしまう場合があります。





・・・「マシューズフェイント」・・・

正面の相手を左にかわす場合、右側に大きく踏み出す右足が特徴のフェイントです。

踏み出した足はブレーキに使い、左足でボールを左に蹴りだしてダッシュします。

ポイントは右側に踏み出すときの左足のボールタッチです。

触っていないとフェイントがばれますし、強いと右側に流してしまいます。

実用性の高いフェイントの一つです。






・・・「アンティークジュエリー」・・・

ジュエリーはそもそも何年、年十年たっても価値を失うようなものではないです。

逆に時を経ることで価値を増すこともあるようです。

たとえば、アンティークジュエリー。

製作から100年以上経ち、骨董的価値を持つものを特に、アンティークジュエリーと呼ぶそうです。


続きを読む
posted by とむ at 04:48| レジャーのいろいろ

2015年11月18日

カテナチオ、クライフターン、・・について

・・「カテナチオ」・・・

守備に重点を置いた戦術です。

その起源はイタリアで、ディフェンスラインの後ろのスイーパーの存在が特徴です。

マンマークのディフェンス陣の後衛を任され、リベロとも呼ばれます。

このカテナチオをもじって、守備的なチームについて、横浜FCの「ハマナチオ」や大分トリニータの「カメナチオ」のように言う場合もあります。






・・・「クライフターン」・・

パスあるいはクロスを上げると見せかけて、軸足の後ろをボールを通して相手をかわすフェイントです。

ヨハン・クライフがFIFAワールドカップのスウェーデン戦で披露し、世界中でまねされるようになりました。

1974年のことです。

ヨハン・クライフといえば、ペレと同じくらい有名なオランダのサッカー選手です。





・・・「着物を古着で」・・・

古着の着物なら新品に比べてかなりお手頃で手に入れることができます。

意外に素材は良かったりします。

高額でなければ、ちょっとした機会に着ることができますし、着付けの上達にもつながりますね。

おしゃれに明治や大正時代に流行った柄を狙うのもいいかもしれません。



続きを読む
posted by とむ at 04:42| レジャーのいろいろ

2015年11月12日

カウンターアタック、ルーレット、・・について

・・「カウンターアタック」・・

サッカーの攻撃方法の一つです。

相手の攻撃直後の隙をついて、攻めるというもの。

ロングボールからのロングカウンターや、高い位置でボールを奪う、ショートカウンターなどがあります。

カウンターは少人数での攻撃が成功することもあるので、守り重視のチームの攻撃として、よく使われるのでした。






・・・「ルーレット」・・・

体を反転して抜き去ることから、ルーレットという名前が付けられました。

反転させながら、相手とボールの間に自分の体を入れてボールを守ります。

反転する際にスピードが落ちるため、トップスピードのドリブルでは難しいです。

でもスピードが乗った状態でできれば、ルーレットは無敵かもしれないです。





・・・「アンティークと着物」・・

着物をアンティークと呼ぶにはすこし違和感があるかもしれませんね。

でも、古きよきものと考えれば、着物もそのひとつかもしれません。

着物は着付けが難しかったりで、女性の中にもあまり興味をもたない人も多くなってます。

日常とは一線を画す存在になってきています。



続きを読む
posted by とむ at 06:47| レジャーのいろいろ

2015年11月06日

サイドアタック、エラシコ、・・について

・・「サイドアタック」・・・

サイドから攻撃する戦術のこと。

サイドは中央と違い、密集しにくいため、ボールを運びやすいです。

そのため、ボールを十分前に進めてから、中に入れるという戦術が合理的です。

サイドアタッカーとしては、ウイングとか、サイドハーフが活躍します。

高名なサイドアタッカーとしては、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドがいます。






・・・「エラシコ」・・・

足首を柔軟に素早く切り返して行うフェイントです。

最初アウトサイドで外側に少し動かし、すぐにその足のインサイドで反対側に切り返します。

動き出しの時に使い、ドリブル中など動きながらや、加速してからでは出せない。

ブラジルではスタンダードなフェイントの一つです。





・・・「アンティークのロレックス」・・・

ロレックスといえば誰もが知る時計のブランド。

歴史も古いため、アンティークものもかなり存在します。

そいて、希少性のあるモデルには高いプレミアがつくという特徴があります。

例えば手巻き式なら、かなり希少性が高いでしょう。

レアモノは、好きな人にはたまらないようです。



続きを読む
posted by とむ at 04:38| レジャーのいろいろ

2015年10月31日

ムービングフットボール、シザーズ、・・について

・・「ムービングフットボール」・・

ポジションチェンジを繰り返したり、流動的にパスを回して展開するサッカーです。

ディフェンスにとって予測不可能なプレーとなることで、つかまりにくくなります。

その分、味方同士の連携と、集中力の維持が重要となります。

トータルフットボールの発展形といわれています。






・・・「シザーズ」・・・

ペダラーダとも呼ばれる、ボールをまたぐフェイントです。

内側から外側にまたぐ形がよく使われる形ですが、逆に外側から内側にまたぐ形もあります。

ドリブルをしながら、止まることなく相手を惑わすことができるフェイントです。

技自体はそれほど難しくないので、初めての人にもやりやすいフェイントの一つです。





・・・「懐中時計のチェーン」・・

懐中時計でアンティークを楽しむのいいですね。

でも、もしチェーンが切れてしまったら。

チェーンってなかなか手に入りにくいようです。

ほかのアクセサリーのチェーンで代用しても、なかなかシックリしないことも。

チェーンがミスマッチだと懐中時計も興ざめですね。


続きを読む
posted by とむ at 06:42| レジャーのいろいろ

2015年10月25日

ティキ・タカ、ダブルタッチ、・・について

・・「ティキ・タカ」・・

ティキ・タカはサッカーのプレースタイルの一つです。

ショートパスをつなぐスタイルで、ボールを持っていない選手の動きが重要です。

ワンタッチなどの速いパス回しや、ポジションチェンジなどがダイナミックです。

ロングボールよりも確実につなぐショートパスが優先されます。





・・・「ダブルタッチ」・・・

インサイドのボールコントロールによるフェイントです。

素早くコンパクトな動きで相手を惑わすフェイントです。

そのため、密集した場所でもボールキープに便利です。

また咄嗟の場合や、周りを確認するタイミングをつくるときなど、すごく使い勝手がいい足技です。






・・・「古い懐中時計」・・

アンティークの懐中時計にもファンが多いです。

レトロでオシャレなアクセサリーとしての懐中時計はよく見かけます。

懐中時計という時計のスタイルが、そもそもなんだかアンティークをイメージさせてくれます。

ところで、本物のアンティークでも、時計部分を覆うようについているケースは、時計本体と別のものがついていることも多いそうです。


続きを読む
posted by とむ at 06:17| レジャーのいろいろ

2015年10月19日

ポゼッションフットボール、ドリブルのフェイント、・・について

・・「ポゼッションフットボール」・・

ポゼッションとは日本語に訳すと「支配率」となります。

チーム全体でパスを回してボールをキープするスタイルです。

このスタイルといえば、ジョゼップ・グアルディオラ監督のFCバルセロナを思い浮かべる人が多いと思います。

このスタイルは、トータルフットボールを基に考え出された戦術です。






・・・「ドリブルのフェイント」・・・

ドリブルの時に使われるフェイントは状況に応じて使われます。

上体の動きで相手をだます、ボディフェイントというのもあります。

また抜きたい方向と反対に踏み出して、あいてをだますサイドステップで、アウトサイドで抜き去るときのキレが大事です。

いずれにしても形だけじゃなくタイミングがすごく大事です。






・・・「アンティーク時計」・・

アンティークといえば時計も忘れられません。

とはいえ、家具などに比べると歴史も浅い時計です。

50年くらいも経てば、アンティークの仲間に入れて良さそうです。

時計は動いてこそというのが普通です。

しかし、中には時計そのものは動かなくても、その美しいデザインだけでアンティーク時計としての価値を感じる場合もあります。



続きを読む
posted by とむ at 04:42| レジャーのいろいろ

2015年10月13日

トータルフットボール、ドリブラーのタイプ、・・について

・・「トータルフットボール」・・・

トータルフットボールといえばオランダ。

1974年サッカーW杯で見せ、有名になった戦術です。

ポジションが流動的で、且つ全員攻撃全員守備と説明されます。

この戦術のポジションは、キックオフ時の立ち位置くらいの意味しかもたないとも言われるほどです。

積極的にプレーし、空いたスペースほかの選手が埋めるという形です。





・・・「ドリブラーのタイプ」・・・

瞬発的なダッシュや、継続的なスピードをによって相手を置き去りにするドリブラーはスピード型です。

広いスペースができやすい、サイドやトップでのプレーでの活躍を目にします。

様々なフェイントで相手を翻弄するテクニック型は、センター又はハーフで活躍する選手に多いようです。





・・・「和のアンティーク家具」・・・

和のアンティーク家具というとなんだか特別なもののように思えます。

でも、そうではなく、おばあちゃんの家などで普通に見られた家具です。

茶色の使い込んだ色味で、どっしりとした存在感があります。

着物などの保管にもちょうど良いサイズの箪笥や、お茶の道具などがしっくりくるような小さな茶箪笥などです。


続きを読む
posted by とむ at 04:38| レジャーのいろいろ

2015年10月07日

ユーティリティープレイヤー、ドリブル、・・について

・・「ユーティリティープレイヤー」・・

ユーティリティープレイヤーとは複数のポジションをこなせる選手のこと。

フォワード、ミッドフィールダー、ディフェンダーなどのうち複数のポジションができる選手のことです。

ただゴールキーパーとフィールドプレーやの両方をこなす選手はほとんどいないです。

とはいえ、両方で活躍した選手も稀にはいるみたいです。





・・・「ドリブル」・・

パスを出さずに自分でボールを運ぶことをドリブルといいます。

ドリブルには足元のコントロールとともに、走るスピードやチャージにも負けないボディバランスなども大事です。

ドリブラーはドリブルが得意な選手のことを指して言いますが、いいドリブラーにはスター選手も多いです。






・・・「海外のアンティーク家具」・・・

アンティークといえば、家具をイメージする人は多いです。

ところで、このアンティーク家具。

わざわざ海外までいって購入する人も多いんだそうです。

すごいですね。

日本では、そもそもアンティーク家具を扱う店が少ないくて、好みも左右することから、気にいった家具がなかなか見つからないからなんだそうです。



続きを読む
posted by とむ at 04:41| レジャーのいろいろ

2015年10月01日

ウイング、無回転シュート、・・について

・・「ウイング」・・・

ウイングは3トップのときの両サイドのフォワードのことです。

サイドを突破してクロスを上げる役割があります。

突破力や足の速さがカギになるのでした。

昔は守備的な役割をあまり期待されなかったのですが、守備への貢献などハーフ的な動きも重要になってきています。






・・・「無回転シュート」・・・

シュートしたボールが威力があるのに回転がない、または回転が極めて少ないと、不規則な動きをします。

それを狙ったシュートです。

ブレたり、急に落ちたりとキーパーには非常に取り難いボールです。

ある変化するには程度距離も必要なので、ミドルシュートやフリーキックで見られます。






・・・「アンティーク好み」・・・

アンティークを好む人は一般的に年輩の人が多いというイメージがあります。

でも、若い人でもアンティークに気を惹かれる人は少なくないです。

とはいえ、好きなアンティークは人によって違います。

性別によっても傾向的な違いがあります。

同じ人でも年齢を重ねることで好みが変わることもありますしね。



続きを読む
posted by とむ at 04:46| レジャーのいろいろ