2016年03月21日

トーキック、グラウンダーのパス、・・について

・・「トーキック」・・・

つま先でチョンと蹴りだすキックです。

すごく小さいモーションで蹴りだせるので、密集した場所や、フェイントなどにも使えます。

コントロールが難しいものの、距離も調整できたり、けっこう使い勝手のいいキックです。

クリアやパス以外に、シュートにも使われます。





・・・「グラウンダーのパス」・・・

パスは強くないと、相手にカットされやすいです。

途中でカットされなくても、ボールが受け手に到着する前に相手に寄せられてしまいます。

とはいえ蹴り方が上手じゃないと強いパスは浮くこともあり、浮かないグラウンダーのパスを身に着けることがすごく大事なのでした。






・・・「アンティークのドアノブ」・・・

ドアノブもインテリアの一つです。

意外にドアノブの存在感は大きいのかもしれません。

でもドアノブにこだわるってなかなか渋いですね。

でも、言われてみると面白いこだわりかもしれません。

たとえば現代ではほとんど見かけることのないガラス製のドアノブなどというのもあります。

面白いです。



続きを読む
posted by とむ at 06:53| レジャーのいろいろ

2016年03月15日

アウトフロントキック、ロングパス、・・について

・・「アウトフロントキック」・・

インフロントキック並みに強いキックが打てます。

通常のキックとは逆側の回転をかけられるので、意表を突くのにいいかも。

蹴り足の外側に曲がっていくキックってあまり慣れないですらね。

ロングパスやシュートなどで使われるキックの一つです。

足の甲の外側にボールを当てて蹴ります。






・・・「ロングパス」・・・

長い距離のパスのことで、コントロールの難しさや、相手チームの対応などで、ショートパスに比べると成功率が落ちやすいです。

でもうまく使えば、一気にサイドチェンジしたり、カウンターアタックをかけたりできます。

左右どちらの足でもロングパスができる選手だと、選択肢も広がるのでした。






・・・「アンティークビーズ」・・

手作りビーズのアクセサリーがはやったときがあります。

ビーズは流行りとは関係なく、ひきつける魅力もあります。

ビーズの場合には100年以上昔の物をアンティークと呼ぶそうです。

そしてそれより新しいものをヴィンテージと呼ぶのば一般的なのだとか。

けっこうファンは多いそうです。



続きを読む
posted by とむ at 06:49| レジャーのいろいろ

2016年03月09日

インフロントキック、ショートパス、・・について

・・「インフロントキック」・・

足首を曲げ、足の甲の内側に当てる蹴り方です。

遠くに飛ばすときに使われ、コーナーキックや距離のあるフリーキック、ゴールキックなどで使われます。

ロングフィードを出すときもこのキックです。

ボールのミートポイントによってカーブをかけたりバリエーションがつけられます。






・・・「ショートパス」・・

距離の短いパスの事をショートパスといいます。

キックのタイミングも早く出せるので、手数をかけずに球離れを早くしたプレーの要になります。

細かく速いパスは、守りに入ったチームを崩すのにも使えます。

長いパスと組み合わせることも有効ですが、ショートパスだけでもかなりの武器になります。





・・・「アンティークの冷蔵庫」・・・

アンティークの冷蔵庫は立派なインテリア製品といえるかもしれません。

身近なものだからこそ、意外に広い年代にファンがいるみたいです。

とくに、アメリカ製のアンティーク冷蔵庫は、若い人に人気なのだとか。

聞いただけでなんだか興味が出てきますね。

大きさの割りに電気代はかかるかもしれませんが。



続きを読む
posted by とむ at 06:47| レジャーのいろいろ

2016年03月03日

インステップキック、走っている味方へのパス、・・について

・・「インステップキック」・・・

シュートなどのシーンで強烈なキックに使われるキックです。

つま先を伸ばし、足の甲にボールを当ててキックします。

強くて弾道の低いキックが可能です。

シュート以外にロングパスに用いることもあります。

力のはいるキックだけに、選手のキック力の強さが表れるキックです。





・・・「走っている味方へのパス」・・・

動いている相手の足元にスパッとパスを通せたらかっこいいですね。

手前すぎるとブレーキになりますし、前すぎると届かず流れてしまうことも。

パスの受け手との息もあっていないとうまくいかないですが、うまくはまると、攻撃性の高いパスになります。

速い攻撃では欠かせないパスでしょう。






・・・「アンティークマーケット吹上」・・

アンティークマーケット吹上は、ビル全体がアンティークショップ街になっているんだとか。

すごい規模ですね。

さまざまなジャンルのアンティークショップが楽しめるようです。

アンティークファンにはたまらないスポットのようです。

価格的にもピンからキリまで揃っていて気軽に楽しめるようです。



続きを読む
posted by とむ at 06:54| レジャーのいろいろ

2016年02月26日

アウトサイドキック、スペースへのパス 、・・について

・・「アウトサイドキック」・・

意表を突くキックの一つです。

強くは蹴れないですが、自分の向いている方向とは違う方向に蹴れるのが特徴です。

足の外側にボールを当ててけります。

小さなモーションでボールを出せるので、密集した場所や、相手と競りながらでも使えるキックです。

ショートパスとしては重要なキックです。






・・・「スペースへのパス 」・・・

人のいない場所に出すパスです。

パスなので、味方がボールを受けることを意図しており、味方が最初に到達できるであろう場所を狙って出します。

ただし、受け手と出し手の意向が一致しないと、ボールが流れたり、相手に渡ったりするのでした。

ディフェンス陣の裏を狙ったり、サイドチェンジなどでも使われます。






・・・「アンティークショップ」・・

アンティークショップは見ているだけでも楽しめる空間があります。

まずはショップに出かけて様々なアンティークに触れてみるところから始めるのも面白いかも。

アンティークショップは見つけるのも難しいかも知れないですが、大きめの街のどこかにはあるはずです。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年02月20日

インサイドキック、足元へのパス 、・・について

・・「インサイドキック」・・・

サッカーの蹴り方の一つで、ショートパスの際によく利用されるコントロールを重視したキックです。

足の内側を使うキックですが、踝の下あたりに当てる場合のほか、親指の付け根あたりに当てる場合もあります。

出す方向は体の正面から蹴り足内側の横方向となります。






・・・「足元へのパス 」・・

パスが味方の足元にいけば、トラップでの失敗も少ないです。

でも一方で相手にも読まれやすいので、トラップ後の動き方が大事です。

次の動作を準備してすぐ動き出さないとせっかくのナイスパスを無駄にしかねないです。

そもそも次の動作を考えると、足元よりは、少し先の場所にパスしたほうがいいのかもしれないですね。






・・・「アンティーク雑貨」・・・

雑貨が趣味と言う人は多いです。

そんな雑貨にもアンティークモノがあるみたい。

アンティーク雑貨はヨーロッパのものから、アメリカのもの、日本のものとさまざまです。

雑貨の場合、アンティークだからといって集める人だけではないでしょうね。

普通にその雑貨が気に入ったから買うという人も多いです。



続きを読む
posted by とむ at 06:58| レジャーのいろいろ

2016年02月14日

アタッキングサード、バックパス、・・について

・・「アタッキングサード」・・・

ピッチを3分割したときの相手ゴール側のエリアのことです。

ちなみに自分のゴール側をディフェンディングサードと呼びます。

また真ん中をミドルサードと呼びます。

アタッキングサードでのプレーが多ければ、相手を押している風に見えますし、少ないと攻め込めていない印象となります。






・・・「バックパス」・・・

自分より後方にいる味方に出すパスで、ときにキーパー相手に出すこともあります。

時間稼ぎに使われるバックパスはブーイングの対象になったりもします。

前にボールを運ぶ際に、相手プレーヤに阻まれて進めないときには、有効な手段の一つです。

前方向や横方向のパスには相手の警戒がより強いですからね。





・・・「アンティークの額縁」・・

額縁はそもそも絵や写真を飾るためのものです。

でも、額縁自体にも実は魅力があります。

なかなには、額縁だけを飾るという飾りかたを楽しむ人もいるんだとか。

なぜならアンティークの額縁は、額縁自体がすでに完璧な芸術品ともいえるからだそうです。

そんな額縁を探してみるのも面白そうです。



続きを読む
posted by とむ at 04:42| レジャーのいろいろ

2016年02月08日

ダブルボランチ、横パス、・・について

・・「ダブルボランチ」・・

3-4-1-2のシステムで、守備的MFのボランチが二人いるフォーメーションです。

ボランチのうち一人は攻撃時に上がり、前線の攻撃に参加していきます。

トルシエとかジーコとかのころの日本代表や、国内チームによく見られたかたちです。

守備的には安定しやすいのが特徴です。





・・・「横パス」・・・

横に出すパスで、前に進めるわけではないので、相手の警戒も比較的低く、通しやすいパスです。

近くでパス交換したり、大きくサイドチェンジする場合にも使われます。

攻撃にはいずれは縦パスやドリブルを必要とするので、そのタイミングを見計らいながらするパスとなります。





・・・「ボタンの趣味」・・・

ボタンも集めてみるといろいろあって面白いです。

素材も、形も、作られた年代もいろいろで、楽しくなりそうです。

子供たちにも動物や花などのボタンなら喜びそうです。

大人でもオシャレのアクセントのひとつとして、気分に合わせてボタンを変えてみるのも面白いかも。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年02月02日

スイーパーシステム、縦パス、・・について

・・「スイーパーシステム」・・・

ストッパーが攻めてくる相手選手に寄せて、それをカバーするスイーパーがいるディフェンスです。

3バックの場合は、二人のストッパーを前において、そのフォローに回ります。

4バックの場合には2人のセンターバックがストッパーとスイーパーに役割分担します。





・・・「縦パス」・・・

サイドでも中央でも縦方向に出すパスのことです。

ただし、相手ゴール方向へのパスのことをいい、味方ゴールに近づくパスについては縦パスと言わないです。

ゴールを脅かしかねないパスなので、守備側も警戒しており通すのが難しいパスです。

攻撃を仕掛ける時に使われるパスです。






・・・「アンティークボタン」・・

ボタンにもアンティークがあるそうです。

現在のボタンはプラスティック製のものが多いです。

一方で、アンティークボタンはガラス製のもの。

あるいはベークライト製のもの、セルロイド製のもの。

はたまた貝で作られたものなどもあります。

チョット変わったアレンジができそうですね。



続きを読む
posted by とむ at 06:51| レジャーのいろいろ

2016年01月26日

3バックシステム、パス、・・について

・・「3バックシステム」・・・

ディフェンダーを3人とするフォーメーションです。

スイーパー型は2人のストッパーの後ろに、1人スイーパーが控えるという形です。

サイドはミッドフィールダーが主にケアします。

フラット型は、ラインコントロールが行いやすいです。

個々のゾーンが広く、抜かれた時の対応が難しいです。






・・・「パス」・・

パスなしにサッカーの攻撃は難しいです。

団子サッカーをしている幼児のサッカーは別として、味方でボールを受け渡しするパスは、団体競技としての根幹です。

パスには様々なものがあります。

状況に応じて使いこなすことが大事です。

いいパスを成立させるには、キック、トラップ、状況確認が欠かせないです。





・・・「アンティークなスタンプ」・・・

スタンプにもアンティークがあるそうです。

スタンプといえば、お正月の年賀状用の干支スタンプや、学校の「たいへんよくできました」スタンプなどをイメージする人も多いと思います。

これらのスタンプは意外に古くから存在します。

そしてアンティークとして集めている人もいるんだそうです。

面白いですね。



続きを読む
posted by とむ at 04:46| レジャーのいろいろ

2016年01月20日

パワープレイ、ラン・ウィズ・ザ・ボール、・・について

・・「パワープレイ」・・

パワープレイは、もともとはアイスホッケーの用語です。

残り時間が少なくなると、負けている側のチームがFWの人数を3〜4人に増やす場合があります。

ときにはゴールキーパーもゴール前で攻撃に参加する時もあります。

このような戦い方をパワープレイと呼ぶのでした。






・・・「ラン・ウィズ・ザ・ボール」・・

ワンタッチコントロールがカギとなります。

カットしたボールもしくは、パスを受けたボールを、トラップした場所から離れた位置で自分のものにします。

ボールに触れる前のスペースの把握が欠かせず、ワンタッチでスペースに出して、自らもダッシュしてボールをキープします。





・・・「フィルムのカメラ」・・

カメラといえばデジカメが当たり前になった今。

昔のフィルムのカメラは懐かしいです。

フィルムの入れ替えがけっこう大変だったりしたこともありました。

フィルムは光が入るとダメですからね。

何度も失敗した人も少なくないはずです。

デジカメでは経験できない作業ですね。



続きを読む
posted by とむ at 04:43| レジャーのいろいろ

2016年01月14日

バイタルエリア、ターンとプレー、・・について

・・「バイタルエリア」・・・

サッカーで得点につながりやすいプレーが起こるエリアを指していいます。

たとえばペナルティーエリアの中でゴール幅と同じ幅のエリアを指したりします。

またDFとMFの間のスペースを指したりもします。

所属する選手の特色などによって、このエリアはチームによって違うこともあります。






・・・「ターンとプレー」・・

方向転換をスムーズに的確にできると、プレーの幅は大きく広がります。

後ろからもらって前に進める、サイドチェンジの中継など、ターンを必要とするタイミングはけっこうあります。

ターンで滞るとせっかくの閃きが台無しになってしまいます。

視野の広さと周りの選手との連動も合わさっていかされる技術です。






・・・「アンティークのカメラ」・・

アンティークのカメラも人気です。

カメラはどんどん高性能になってますが、一方で昔のカメラにも根強いファンがいます。

アンティークのカメラファンといえば、男性に多いですね。

でも女性でもカメラを趣味にする人は多いので、もしかしたら今後増えるかもしれませんね。



続きを読む
posted by とむ at 04:42| レジャーのいろいろ

2016年01月08日

オフサイドトラップ、キープ、・・について

・・「オフサイドトラップ」・・・

オフサイドトラップはサッカーのディフェンスの戦術の一つです。

ディフェンス裏を狙う相手攻撃陣をオフサイドに陥れる戦術です。

ディフェンスの最終ラインの上げ下げとそのタイミングが重要なポイントとなります。

失敗すると相手選手をゴール前にフリーにしてしまうこともあるリスクのある戦術です。





・・・「キープ」・・

キープ力をつけるためにはボールコントロールのスキルアップが大事です。

またキープ後のプレーを決めるのはキープ時の視野ですので、周りを見る力も重要です。

ボールを進めるドリブルにも通じるところですが、ボールから目を離しながらもしっかりコントロールできるようになることが大事です。






・・・「アンティークドレス」・・

ドレスにもアンティークがあります。

女性にとっては興味深いと思いますが、かなり贅沢な趣味かもしれません。

時代を感じさせるものもから、案外今にもあうものもあるようです。

今にあうとはいえ、アンティークドレスを手軽に着る気にはなりにくいでしょうね。

でも友人の結婚式など特別な日にならいけるかも。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年01月02日

ゾーンプレス、ファルカンフェイント、・・について

・・「ゾーンプレス」・・・

「ゾーンディフェンス」と「プレスディフェンス」を掛け合わせた造語です。

カタカナですが英語ではないです。

積極的に高い位置でのボール奪取を目指すため、運動量が減少すると、自陣へのカウンターのリスクが高まります。

連携と運動量が非常に重要な戦術ですが、それだけに効果も大きいです。





・・・「ファルカンフェイント」・・

足裏コントロールとインサイドキックのフェイントを組合せたフェイントです。

名前の由来となっているファルカンはフットサルでは、そのテクニックで知られるブラジル代表の選手です。

連続して繰り出せるフェイントで、やはりボールコントロールのスピードがものをいうフェイントです。





・・・「古い人形」・・・

古い人形はオカルトの定番です。

そのためか、つい怖いイメージを持つこともあります。

でも、どうしてそこまで嫌われるのでしょうか。

それだけ身近で愛情が注がれる対象だからなのかもしれません。

気持ちが残りすぎるくらいのものなので、他人のものだと古いのは怖いのかな。




続きを読む
posted by とむ at 06:50| レジャーのいろいろ

2015年12月24日

リトリート、メイア・ルア、・・について

・・「リトリート」・・・

退却や撤退といった意味の言葉のとおり、ほとんどの選手が自陣に下がり守備に徹する戦術です。

ロングカウンターを狙った戦術だったり、リードしたチームが時間をかせぐ場合に使います。

ただゴール前に下がりすぎると、ミドルシュートのリスクもあるので、バランスも大事です。






・・・「メイア・ルア」・・・

スピードのあるドリブルフェイントの一つです。

相手の脇をボールを通すと同時に、相手の反対の脇をすり抜けて、相手の背後でボールと合流します。

ボールと自分で相手を挟む状態がありますが、スピードでかわしていきます。

日本語では「裏街道」とも呼ばれるフェイントです。






・・・「アンティークドール」・・・

女性のアンティークファンが多い物に、アンティークドールがあります。

レトロでありながら非常にリアルな表情。

ただ古いものを嫌う人もいるので、好みがはっきりするのも人形です。

愛情の詰まった美しいアンティークドールは、好む人にとってはものすごく魅力的にうつるようです。



続きを読む
posted by とむ at 04:46| レジャーのいろいろ

2015年12月18日

フォアチェック、ヒールリフト、・・について

・・「フォアチェック」・・・

サッカーにおけるディフェンスの戦術の一つです。

できるだけ相手のゴールに近いところでボールを奪いに行く戦術です。

相手のゴールに近いほど、得点につながりやすいというものです。

でも、前線の選手の負担が大きくなるため、いたずらに体力を消耗することで得点力が落ちるというリスクもあります。





・・・「ヒールリフト」・・

決まるとかっこいいですが、失敗すると恥ずかしいです。

ボールを前後にまたいで、前の足のかかとにボールを載せて、そのまま蹴り上げて、頭上を越えて前に落とします。

ドリブル中に決めることができれば、シャポーのように相手をかわすこともできます。

試合で使うにはトリッキーすぎるかも。






・・・「アンティークレース」・・

レースやフリルのついた洋服は女の子に人気です。

テーブルクロスやコースターなどにもレースが使われます。

お洒落用のハンカチーフにもレースが入ってます。

そんなレースにもアンティークがあります。

価値を認められるだけあって、アンティークレースのほとんどが、非常に繊細なレースになってます。



続きを読む
posted by とむ at 04:46| レジャーのいろいろ

2015年12月12日

ラインディフェンス、ロコモーティブ、・・について

・・「ラインディフェンス」・・

スウィーパーやリベロをおかないディフェンスで、ディフェンダーがゴールラインと平行なラインを形成します。

このような布陣のメリットはオフサイドによりディフェンスの裏のスペースがコントロールされやすくなります。

以前と異なりリスキーなオフサイドトラップはかけなくなっています。





・・・「ロコモーティブ」・・

ボールをドリブル中にディフェンスが寄ってきたときに、わざと減速して、相手も併せて減速したところを、一気に加速して抜くフェイントです。

足技というよりは、タイミングを重視したフェイントなので、相手をよく見た対応が重要です。

ダッシュが得意な選手に向いているでしょうね。





・・・「アンティークアクセサリー」・・・

アンティークもののアクセサリーにも、ヴィンテージという呼び方もあります。

全体的に輸入品が人気です。

はやりヨーロッパ、とくにフランスのアクセサリーは人気が高いようです。

フランスは、シャネルやサンローランなどが誕生したくらいの土地ですからね。

ファッションには昔から強いようです。



続きを読む
posted by とむ at 04:45| レジャーのいろいろ

2015年12月06日

プレスディフェンス、シャポー、・・について

・・「プレスディフェンス」・・・

ディフェンスが積極的にあ相手のオフェンスに近寄りプレッシャーをかけるという守備です。

ゾーンと組み合わせるとゾーンプレスと呼ばれます。

高い位置でボールを奪うので、攻撃に転じやすいのも特徴の一つです。

一方で後方にスペースを作りやすいので、抜かれたときのリスクに注意が必要なディフェンスです。






・・・「シャポー」・・

シャポーとは帽子のことなんだそうです。

相手の頭の上をふわっとボールを浮かせてかわしていきます。

ボールを相手頭上に上げたら、自身は相手の横をすり抜けて、相手の後ろでボールを拾います。

ペレやロナウジーニョ、ロマーリオなどの名シーンで有名なフェイントです。






・・・「古いアクセサリー」・・・

アクセサリーの中でも、宝石や貴金属が使われたモノは特にジュエリーといわれます。

アクセサリーは主にジュエリー以外のものをさす事も多いです。

ところでアクセサリーの始まりはアフリカにあるそうです。

何万年も昔のアクセサリーとのこと。

ものすごい歴史ですね。



続きを読む
posted by とむ at 04:37| レジャーのいろいろ

2015年11月30日

ゾーンディフェンス、ラ・ボーバ、・・について

・・「ゾーンディフェンス」・・

特定の相手を決めないで、エリアを決めて守備するディフェンスです。

マンツーマンディフェンスと対比されることが多いです。

受け持つゾーンを移動する相手に対して、マークの受け渡しがうまくできないと危険を招くことも。

一方で、相手に抜かれても、ほかのメンバーがフォローしやすい利点もあります。





・・・「ラ・ボーバ」・・・

足裏コントロールを使ったフェイントです。

足を止めて相手と対峙した時に、ボールを出してひっこめる動作で、相手の足をおびき出し、又抜きしたり、横にかわしたりします。

そのままドリブルで走り出したり、パスで進めることもあります。

狙って又抜きするって、けっこうかっこいいかも。





・・・「古いジュエリー」・・

ジュエリーはエジプトやメソポタミアなどの古代文明時代からあったそうです。

ジュエリーはその歴史も古いですね。

ジュエリーは時を経てもその魅力を失わないということでしょう。

しかも、骨董的な付加価値がつけばさらに価値が上がることも。

古いジュエリーには魅力がいっぱいですね。



続きを読む
posted by とむ at 06:48| レジャーのいろいろ

2015年11月24日

マンツーマンディフェンス、マシューズフェイント、・・について

・・「マンツーマンディフェンス」・・・

マークする相手を決めて行うディフェンスです。

メリットとしては、相手の強さに合わせて、守備側の選手を選べること。

たとえば相手のエースに対して守備力の固い選手を充てるなどです。

ただ、相手の動きに味方ディフェンスの配置が動かされるので、危険な場所にスペースを作ってしまう場合があります。





・・・「マシューズフェイント」・・・

正面の相手を左にかわす場合、右側に大きく踏み出す右足が特徴のフェイントです。

踏み出した足はブレーキに使い、左足でボールを左に蹴りだしてダッシュします。

ポイントは右側に踏み出すときの左足のボールタッチです。

触っていないとフェイントがばれますし、強いと右側に流してしまいます。

実用性の高いフェイントの一つです。






・・・「アンティークジュエリー」・・・

ジュエリーはそもそも何年、年十年たっても価値を失うようなものではないです。

逆に時を経ることで価値を増すこともあるようです。

たとえば、アンティークジュエリー。

製作から100年以上経ち、骨董的価値を持つものを特に、アンティークジュエリーと呼ぶそうです。


続きを読む
posted by とむ at 04:48| レジャーのいろいろ