2016年07月19日

シザーズ、ボディシェイプ、・・について

・・「シザーズ」・・

サッカーのドリブル中のフェイントの一つですが、ボールに触らないフェイントです。

ボールをまたいで、相手を惑わします。

ブラジルのロナウドやポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドなど、多くの選手が使います。

ドリブル中に止まることなく使えるフェイントの一つです。





・・・「ボディシェイプ」・・・

サッカーのプレーでは重要な考え方です。

位置取りや体の向き・姿勢などを指す言葉です。

このことに意識している選手と、意識できていない選手では、同じプレーを試みても全く結果が異なってきます。

素晴らしいプレーは、そのプレーの前の準備が実はカギになっています。






・・・「横浜博覧会」・・

横浜博は、1989年に神奈川県横浜市の横浜みなとみらい21地区で開催された博覧会です。

ちなみに横浜市制100周年、横浜港開港130周年を記念して開催されました。

主なパビリオンとしては、宇宙館や日石地球管などの話題のものがありました。

大観覧車「コスモクロック21」なども話題でした。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年07月13日

ダブルタッチ、チェイシング、・・について

・・「ダブルタッチ」・・・

サッカーでボールキープしている選手が使うフェイントのひとつです。

インサイドにボールを当てて、蹴りだした方向とは逆の方向に相手を抜き去るときなどに使います。

非常に手軽にできるフェイントですし、咄嗟の時や、密集した場所でも使えます。

身に付けておきたい足技の一つでしょう。





・・・「チェイシング」・・・

相手ボールホルダーを追いかけまわすことをチェイシングといいます。

あまり耳慣れないかもしれませんね。

でも、ディフェンスで粘り強くつくことはすごく大事です。

ディフェンスが簡単に抜かれるようでは、いくら人数をかけても失点のリスクは減らせません。

ディフェンスはしつこくです。






・・・「よかトピア」・・・

1989年に福岡市で市制施行100周年を記念して開催された地方博覧会です。

正式名称は「アジア太平洋博覧会」です。

その名の通りアジアおよび太平洋地域をテーマとした博覧会で、国外からも展示参加がありました。

入場者は目標700万人に対して823万と大成功だったようです。



続きを読む
posted by とむ at 06:58| レジャーのいろいろ

2016年07月07日

ドリブルのフェイント、スクリーン、・・について

・・「ドリブルのフェイント」・・・

ドリブルに対しては当然相手のディフェンスが来ます。

相手にボールを奪われないようにするにはかわすだけじゃなく、フェイントが欠かせないです。

たとえばボディフェイントは、上体の動きだけで、相手をひっかけるフェイントです。

進むのとは逆の肩を下げたり、逆に体を振ったりですね。





・・・「スクリーン」・・

相手選手からボールをかばうテクニックです。

相手とボールトの間に体を置くことが大事です。

相手もだまってさせないので、位置をキープすることが大事です。

相手が蹴ったボールがラインを割りそうなときなどに、あえてボールに触らずスクリーンに徹してボールを出すという方法もあります。





・・・「88さいたま博覧会」・・・

88さいたま博覧会は、埼玉県熊谷市で開かれた地方博覧会です。

入場者は目標200万人に対して、250万人と大盛況でした。

パビリオンには、埼玉出身の渋沢栄一館や、くまがや館。

そのほか、レースカーなどの車の展示と車の映像紹介の「埼自販くるま館」などがありました。



続きを読む
posted by とむ at 06:56| レジャーのいろいろ

2016年07月01日

ドリブラーのタイプ、スルー、・・について

・・「ドリブラーのタイプ」・・・

ドリブルが得意な選手をドリブラーと呼びますが、ドリブラーにもタイプがあります。

大きくスピード重視とテクニック重視でしょうね。

スピード重視のドリブラーはFWやサイドで活躍することがおおいです。

逆にテクニック重視の選手は真ん中のハーフなどで活躍することが多いです。





・・・「スルー」・・・

ボールをトラップしないであえて通すプレーです。

プレー中に「スルー」という指示が飛ぶことがありますが、「触らないでボールを通過させて」という意味です。

パスコースのさらに奥に味方がいてボールを受けるので、スルーする選手はオトリです。

相手の意識を引き付けるという意味ではボールに触らなくてもしっかりプレーしているのでした。





・・・「88飛騨・高山」・・

88飛騨・高山 食と緑の博覧会は、1988年に岐阜県高山市で開催された地方博覧会です。

メインテーマ館の「食と緑館」のほか、木の国館、飛騨館、食と緑の企業館、ふるさとの味の小路・食と緑の特産館などがありました。

ちびっこ広場には、動物の木製等身大模型や、木でできた巨大遊具などもありました。



続きを読む
posted by とむ at 06:56| レジャーのいろいろ

2016年06月25日

ドリブル、ポストプレー、・・について

・・「ドリブル」・・・

サッカーで一人の選手がボールを運ぶ方法の一つです。

足元にボールをコントロールした状態で走って運ぶことです。

見方にボールを蹴る、パスとは対比して使われることがあります。

ドリブルを得意とする選手はドリブラーと呼ばれることがあります。

見事なドリブルもサッカーの見どころの一つです。





・・・「ポストプレー」・・

楔のパスなどともいわれることがあります。

最前線で、後ろからのパスを受けます。

ゴールとの間にディフェンスを挟むことが多いので、いきなりシュートするためにゴールへ振り向くのは難しいことも多いです。

そんな時は近くの味方にパスを出してチャンスを広げるのでした。





・・・「ぎふ中部未来博」・・

19988年に岐阜県岐阜市長良福光で開催された地方博が、ぎふ中部未来博です。

中国山東省で発見された、当時世界最大のカモノハシ竜が展示されたり、リニアモーターカーの実物大模型が展示されたり、展示物も魅力的でした。

1日平均5.6万人が会場を訪れ盛況でした。



続きを読む
posted by とむ at 06:53| レジャーのいろいろ

2016年06月19日

無回転シュート、フェイント、・・について

・・「無回転シュート」・・

ボールに回転がない状態で飛んでいくシュートです。

空気抵抗によって、ブレたり落ちたり予想外の動きが特徴です。

野球のナックルボールと同様であると言われます。

ミドルシュートやフリーキックで使われる場合があります。

回転がないでけでなく、ある程度の威力がないと不規則な動きは限定されます。





・・・「フェイント」・・・

ボールコントロールによって相手をだます技をイメージしますが、ボールに触らなくてもフェイントはできます。

シザーズやキックフェイントなどがそうですね。

あとダブルタッチなどボールコントロールによるフェイントもあります。

中には有名選手の名前が付いたものもあります。





・・・「青函博」・・・

青函トンネル開通記念博覧会は、青函トンネル開通を記念して開かれた博覧会です。

1988年に青森県青森市と北海道函館市で行われました。

青函トンネルの開通とともに、青函連絡船が長い歴史に幕を引いたんですよね。

青森と函館間の交通手段が大きく変化したときでした。




続きを読む
posted by とむ at 06:57| レジャーのいろいろ

2016年06月13日

ドライブシュート、クッションコントロール、・・について

・・「ドライブシュート」・・・

ドライブ回転をかけた下に落ちるシュートです。

人気漫画のキャプテン翼の主人公の得意技としても知られます。

ボールが地面にあるときには蹴りにくいシュートで、浮いたボールのほうがやりやすいです。

ミドルシュートやロングシュートで使われることがあります。





・・・「クッションコントロール」・・・

飛んできたボールをうまくコントロールするために勢いを減らすテクニックです。

カーテンにボールをぶつけるような、引きがポイントです。

とはいえ次のプレーによっては勢いをあえて残して跳ね返させたほうがいい場合もあるので、そこは状況に応じての選択となります。






・・・「なら・シルクロード博覧会」・・

1988年、奈良市で開催された博覧会があります。

それは「なら・シルクロード博覧会」です。

総合プロデューサーとして井上靖があたりました。

井上靖といえば小説家として有名人ですが、博覧会のプロデューサーもしてたんですね。

ちなみに、閉幕後も奈良公園シルクロード交流館で、シルクロードの歴史や奈良との関係が展示紹介されてるみたいです。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年06月07日

ループシュート、ウェッジコントロール、・・について

・・「ループシュート」・・・

出てきたゴールキーパーの頭を超すような技ありなシュートです。

山なりの放物線を描いて放たれ、そのためループなのでしょう。

積極的に前に出てくるキーパー対策のシュートです。

ロビングシュートと呼ばれることもあるようです。

決められるとかなり悔しそうです。





・・・「ウェッジコントロール」・・

ショートバウンドのボールを足裏で地面に押さえつけるように止める等のトラップです。

グラウンダーのボールにも使えます。

受ける位置は足裏だけじゃなく、足首の角度をかえることで、インサイドやアウトサイドでもできるはずです。

トラップの際の体の使い方とともにタイミングも大事なのでした。






・・・「瀬戸大橋架橋記念博覧会」・・・

瀬戸大橋架橋記念博覧会は、1988年にその名のとおり、瀬戸大橋開通記念の地方博覧会です。

岡山側と香川側がそれぞれ開催していました。

香川県坂出市の四国会場の展望タワーの故障で、タワーの中に閉じ込めらる事故が発生しました。

無事レスキューされましたが、残念な記録が残ってしまいました。



続きを読む
posted by とむ at 04:41| レジャーのいろいろ

2016年06月01日

ロングシュート、トラップ、・・について

・・「ロングシュート」・・

ペナルティエリアのはるか外側からのシュートをロングシュートと呼びます。

ちなみにペナルティエリア内外の辺りからのシュートをミドルシュートといいます。

ロングシュートは遠い分ゴールの確率は下がりますが、キーパーが飛び出し過ぎているときなどには有効なシュートです。






・・・「トラップ」・・

動いているボールをコントロールするための最初のタッチです。

高いボールだと頭や、胸を使うこともあります。

足のトラップの場合でも、インサイド、アウトサイド、足裏、踵、腿などがあります。

その中で一番オーソドックスなのはインサイドでしょうね。

まずはインサイドをしっかり身につけたいのでした。






・・・「世界・食の祭典」・・

「世界・食の祭典」は1988年に北海道札幌市で開かれた地方博覧会です。

キャッチフレーズは「食べることはいいことだ」でした。

ただ、この博覧会、興行的には失敗だったそうで、かなりの赤字になったんだとか。

地方博覧会の失敗例として挙げられるほどなんだそうです。



続きを読む
posted by とむ at 06:52| レジャーのいろいろ

2016年05月26日

オウンゴール、フィード、・・について

・・「オウンゴール」・・

サッカーで味方選手が蹴ったり、体に当たったボールがゴールすることです。

積極的にそのようなことはしないですが、激しいゴール前のプレーの中で予期せずにオウンゴールとなることがあります。

オウンゴールの場合、通常のゴールと違い、得点した選手の記録はされないそうです。





・・・「フィード」・・

飛距離のある前線へのキックです。

ディフェンス陣やキーパーからの大きなキックなどです。

距離もあるので正確なコントロールは難しいです。

相手ディフェンス裏に抜けたりすると、大きなチャンスになることも。

フィードのトラップは、直接はけっこう難しいことが多いですね。

走りながらだったりしますし。






・・・「天王寺博覧会」・・・

天王寺博覧会は、1987年に大阪府大阪市天王寺区の天王寺公園で開催された地方博覧会です。

中国の協力で、西安市南部から出土した唐時代の「金龍」も展示されました。

またソ連の協力で、生後約8ヶ月の赤ちゃんマンモス「ディーマ」の展示も行われました。

地方博覧会といえどもすごいですね。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年05月20日

ハットトリック、センタリング、・・について

・・「ハットトリック」・・・

サッカーで同じ選手が1試合で3得点するとハットトリックといいます。

もともとはクリケットから生まれた言葉だそうです。

1つの回の中で3球で3人の打者をアウトにすることで、帽子(ハット)が贈られたことにその名がちなむそうです。

ラグビーやホッケーでも使われる用語です。





・・・「センタリング」・・

サイドから運んだボールを中央に上げるラストパスです。

センタリングからは、ボレーシュートやヘディングシュートが多いと思います。

クロスといういいかたもあります。

やや下げるかたちでのセンタリングをマイナスのセンタリングといい、オフサイドになりにくいのでした。






・・・「87未来の東北博覧会」・・

1987年の7月から9月にかけて行われていました。

仙台市港地区(仙台港)で行われた地方博覧会。

この年ののNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」による政宗ブームとあいまって大盛況でした。

マスコットはコケット君で、「こけし」と「ロケット」を組み合わせたキャラクターでした。



続きを読む
posted by とむ at 06:57| レジャーのいろいろ

2016年05月14日

シュート、ノールックパス、・・について

・・「シュート」・・・

ゴールに向かってボールを蹴ることです。

ピッチの位置によって、ロングシュートやミドルシュートなど区分されます。

またキックの種類によっても、ボレーシュートやドリブルシュートなどもあります。

向点シュートやドライブシュートなど、ボールの回転に着目したネーミングもあります。






・・・「ノールックパス」・・

ディフェンスの意表を突く方法の一つです。

フェイントを入れてパス方向を変えるのも手ですが、出す方向を終始見ないまま出すのもかなり効果があります。

でも決して適当に蹴っているわけではないです。

受け手の見方とも、しっかり動きの連携がとれて初めて成功するパスなのでした。






・・・「87世界古城博覧会」・・

世界古城博覧会は1987年、滋賀県彦根市で行なわれました。

「城まる君」と呼ばれるキャラクターがいました。

デザインは、彦根城とその別名金亀城にちなみ亀と天守閣を合体させた形です。

城まる君は像がつくられたので、どんなキャラクターかは見るのが早いかも。



続きを読む
posted by とむ at 06:57| レジャーのいろいろ

2016年05月08日

ヘディング、スルーパス 、・・について

・・「ヘディング」・・

サッカーにおいて頭を使ってボールを扱うことです。

浮いたボールの処理方法の一つです。

ピッチ中央などで、ゴールキックやパントキックなどの競り合いなどで見ることができます。

また、コーナーキックなどゴール前での競り合いも激しいです。

低いボールに飛び込むダイビングヘッドもヘディングの一つです。






・・・「スルーパス 」・・

味方を走らせるパスで、足元ではなくスペースに出すパスです。

味方が間に合うくらいの位置にパスを出すことで、攻撃のスピードを落とさないです。

またディフェンス裏にだすスルーパスは得点にもつながりやすく、非常に重要なパスとなるのでした。

受け手と出し手のイメージが一致しないとうまくいかないです。






・・・「国際伝統工芸博覧会・京都」・・・

国際伝統工芸博覧会・京都は、1984年に行なわれました。

地方博覧会ですが、パビリオンもいろいろありました。

例えば京都伝統工芸品などを展示した「工人のまち・京都館」。

国際ネオトラ館、外国館、日本館、サントリードーム・映像館などなど。

「近畿工人の町」「日本工人の町」などでは伝統工芸品を展示・即売もやってました。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年05月02日

キックフェイント、ワンツーパス、・・について

・・「キックフェイント」・・

キックをフェイントに使うことです。

たとえばキックに対応しようとする相手の裏にぬけたり、ドリブル移動の前のフェイント使われます。

ほかにはシュートをフェイントに、違う方向にいる味方にパスをしたりというのにもつかわれます。

キックフェイントは使いやすいフェイントの一つです。





・・・「ワンツーパス」・・・

試合の中でもときどき見かけるプレーです。

ボールを運ぶときのプレーとしては有効なので使いこなしたいです。

二人でパス交換しながらボールを運ぶときのパスです。

1タッチないし2タッチで、手数をかけずにボールを離して運ぶため、足技とともに判断力も重要なパスです。





・・・「アンティークの椅子」・・・

椅子もアンティークだと雰囲気がものすごく違います。

椅子には座り心地も大事ですが、見た目も重視する人も多いです。

インテリアとしての存在感もたっぷりです。

たとえば、ロッキングチェア。

ゆれる椅子ですね。

日本でも一時非常に流行りましたが、見た目もくつろぎのための椅子としても十分ですね。



続きを読む
posted by とむ at 06:48| レジャーのいろいろ

2016年04月26日

ラボーナ、ダイレクトパス、・・について

・・「ラボーナ」・・

軸足の後ろから蹴り足を出して、ボールを足を交差した状態で蹴りだします。

クロスキックとも呼ばれ、難しいキックです。

シュートで使われることがあります。

見た目、窮屈そうですが、結構強いキックとなることも。

元ブラジル代表リバウドなどが得意としていました。





・・・「ダイレクトパス」・・・

トラップで止めることなく、動くボールを直接キックして出すパスです。

技術的にも難しいですし、パス先の判断が早くないといけないです。

その分、相手も反応しにくいので、効果をあげるために使いこなしたいパスの一つです。

小さめのダイレクトパスで切りくずすのも見ごたえがあるプレーです。





・・・「テーブルのアンティーク」・・

アンティークが多い家具の一つにテーブルがあります。

テーブルもこだわるときりがないほどいいものがあります。

またいろいろなテーブルがあります。

食卓のテーブルだけでなく、ベッドサイドに置くためのサイドテーブルもテーブルです。

すこしづつアンティークを取り入れてみるのもおもしろいかも。



続きを読む
posted by とむ at 06:52| レジャーのいろいろ

2016年04月20日

スコーピオンキック、サイドチェンジのパス、・・について

・・「スコーピオンキック」・・・

アクロバットなヒールキックです。

腹這いに倒れこむように前方にジャンプして、両手で地面に着地しつつ、踵で頭越しにボールを蹴ります。

試合ではほとんど見られることがないです。

たいていはタイミング的にダイビングヘッドが選ばれるからです。

難しいキックですし、失敗したら残念ですからね。






・・・「サイドチェンジのパス」・・

サイド攻撃の選択肢の一つです。

ディフェンスが集中してきたときなどに、攻撃するサイドを変えるため、大きなパスを出します。

一発でサイドチェンジできない場合は、パスを中継してサイドを変えることもあります。

ピッチを広く使って攻撃することでディフェンスを崩そうと揺さぶるのでした。






・・・「アンティークのドレッサー」・・・

ドレッサーにもアンティークがあります。

おしゃれにこだわるなら、ドレッサーからという人も多いです。

アンティークで一味違うドレッサーを見つけるのも楽しいです。

お気に入りのドレッサーなら、ますますメイクや身だしなみの時間が楽しくなりそうです。

ドレッサーは女性にとって大事な場所ですね。



続きを読む
posted by とむ at 06:54| レジャーのいろいろ

2016年04月14日

オーバーヘッドキック、クロスボール、・・について

・・「オーバーヘッドキック」・・・

空中でのキックの一つで、見ごたえのあるキックの一つです。

バイシクルとも呼ばれ、空中で背中を地面に向け、頭より高い位置で蹴るキックです。

相手ゴールに背を向けていたときに使われます。

ゴール前で選手が密集している場面では、ファールを取られる可能性もあります。





・・・「クロスボール」・・・

クロスボールにフォワードが反応してダイレクトでシュートを決めるシーンは、スピード感がたまらないです。

昔はセンタリングと呼んでいたこともあるように、普通はサイドから中央に向けてあげられるラストパスのことを指していいます。

いいクロスを上げることも攻撃陣としては重要なスキルなのでした。






・・・「アンティークのキャビネ」・・

家具の中でもひときわ目を引くのがキャビネット。

キャビネットをアンティークでこだわる人もいます。

キャビネットはいろいろなタイプのものがあります。

お部屋に合うものを選ぶのもきっと楽しいはずです。

ところで雑貨屋さんのキャビネットの置き方がけっこうヒントになりますね。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年04月08日

ボレーキック、ヒールパス、・・について

・・「ボレーキック」・・・

空中に浮いたボールを蹴るキックです。

単にボレーというときもあります。

地面に落ちる前に蹴ることから、タイミングの難しいキックですが、決まるとかっこいいです。

シュートやパスなど様々なシーンで使われます。

さらに難しいジャンプしながらのボレーを、ジャンピングボレーといいます。





・・・「ヒールパス」・・・

意表を突くパスの一つです。

体の向きとは反対の方向にパスを出したりできます。

なかなか強さを出しにくいパスなので、長いパスには向きませんが、しっかり出せればかなり有効です。

それとコントロールも難しいパスです。

後方からの味方サポートに振り向かずに出すのには便利です。





・・・「アンティークの食器」・・・

アンティークの食器も人気があります。

貴族たちが使っていたようなきらびやかな食器なら、食事もそれだけで素晴らしいもになりそうです。

食器にも時代背景などがあったりして、けっこう興味深い発見もあるようです。

食器一式は大変かもしれないので、ティーセットくらいから初めてみるのも面白いかも。



続きを読む
posted by とむ at 04:45| レジャーのいろいろ

2016年04月02日

チップキック、ヘディングパス 、・・について

・・「チップキック」・・

つま先をボールの下側に差込んで、ボールを浮かせるキックのこと。

バックスイングがないまま相手の意表をつくこともできます。

ループシュートとか、相手の頭の上を越えるロブパスとかに活かされる蹴り方です。

それほど強いキックは難しいですが、軌道で相手をかわす特徴があります。






・・・「ヘディングパス 」・・

パスをヘディングに行うものです。

ハイボールの場合に有効です。

味方の足元に落とすかたちが、早い展開にはすごく有効です。

出したヘディングパスの高さに、ヘディングの上手い下手がでます。

浮いたパスは、足元へのパスより、受け手のトラップに手間がかかり、展開を遅くするのでした。





・・・「アンティークのカトラリー」・・・

カトラリーにもアンティークでこだわる人がいます。

カトラリーにこだわるなら、もちろん食器もでしょうね。

カトラリーといえば純銀をイメージする人も多いと思いますが、実はそれだけではないです。

持ち手の部分が、象牙であったり、コーネリアであったり、白蝶貝であったりするものもあります。

お金はかかりますが、興味深いアンティークです。



続きを読む
posted by とむ at 06:51| レジャーのいろいろ

2016年03月27日

ヒールキック、ロブパス、・・について

・・「ヒールキック」・・・

踵で蹴るキックのことです。

飛距離はないけど、体の後ろに蹴るので意外性のあるキックです。

振り返ることなく、近くの見方にパスするときに使われます。

ときにシュートで使われることもあり、その場合は非常に高度なテクニックを要します。

コントロールが非常に難しいキックです。





・・・「ロブパス」・・・

浮いたボールによるパスで、ある程度距離のあるパスによく使われます。

近距離でのロブパスは非常に難しいです。

相手の頭を越す軌道なので、グラウンダーではカットされる位置にパスを通すことができます。

クロスとかサイドチェンジ、ディフェンス裏へのパスなど、様々なシーンで使われます。






・・・「アンティークの照明器具」・・・

照明器具にもものすごい歴史があります。

それだけにアンティーク物もあります。

身近な照明器具だけにアンティークには人気があります。

レトロな感じや、柔らかい感じなど照明によって気分も変わります。

シャンデリア、ペンダントライト、ブラケットライト、エクステリアライト、ウォールブラケット、ランプなどなどいろいろあります。



続きを読む
posted by とむ at 04:50| レジャーのいろいろ