2017年09月11日

ドリブラー、ダノンネーションズカップ、・・について

・・「ドリブラー」・・・

ドリブルを得意とする選手のことを指していいます。

ドリブルに偏るのはサッカー初心者にもありがちです。

パスもできるようにと指導されることが多いです。

ドリブルだけの選手は嫌われることもありますが、それを忘れさせるほどの突き抜けたドリブラーというのも確かにいるのでした。





・・・「ダノンネーションズカップ」・・

世界一の小学生チームを決める国際サッカー大会です。

FIFAも公認ということで、まさに世界最高峰のU-12年代の大会ですね。

10歳から12歳までの小学生を対象にしています。

ダノンというフランスの食品メーカーが、冠スポンサーとなっています。

そのためフランスで固定開催していた時期もありました。





・・・「さっぽろばんけいスキー場」・・・

札幌市の中心部から比較的近距離にあり、22時までナイターもやっているので、気軽にいけるスキー場です。

近い割に初心者から上級者まで15コースもあり充実しています。

SAJ公認のばんけいスキー学校が設置されているなど、本格的な動きもあります。

スノボのハーフパイプコースもあるようです。







・・「北見若松市民スキー場」・・

初級から上級まで対応した3つのコースがあるスキー場です。

北海道の北見市若松に位置します。

3つのコースはA・B・Cコースとそれぞれ呼ばれています。

真ん中のBコースにリフトがあり、頂上で3つのコースが選べます。

Bコースが上級者コースで、全日本スキー連盟公認となっています。





・・・「足元へのパス 」・・・

正確に足元に出されたパスは、受け手にとっては楽なパスかもしれないです。

でも一方で、相手にも読まれやすいため、ディフェンスに寄せられる可能性もあります。

トラップ後の動きがしっかりできず、もたもたしていたらいいプレーにはつながらないです。

次のプレーへの準備や動き出しが大事なのでした。

タグ:ドリブラー
posted by とむ at 04:23| レジャーのいろいろ