2017年07月31日

トラジション、ネルー・カップ、・・について

・・「トラジション」・・

攻守の切り替えのことです。

サッカーでは攻守の切り替えのスピードが大きなカギになります。

野球などと違い、攻守変更のタイミングでプレーが切れないので、連続したプレーが重要です。

気を抜くとつい息をついてしまいがちですが、活躍する選手ほど攻守の切り替えがしっかりしています。





・・・「ネルー・カップ」・・

ナショナルチームが招待されて開催されるサッカーの国際大会のひとつです。

全インドサッカー連盟 (AIFF) が主催大会です。

1997年まで使用されていたトロフィーが、イラク戦争などの事情によりイラクから返還されなかったというエピソードもあるのでした。

トロフィーはその後新調されたそうです。





・・・「荒井山スキー場」・・

もともとスキーリフトなしのゲレンデがあったところに、ジャンプ台を作ったそうです。

1952年には一般人が利用できる北海道のスキー場で初めてスキーリフトが設置されたんだとか。

現在は一般の利用はなく、主に小中学生に利用されているようです。

荒井山シャンツェと呼ばれ、ミディアムヒル(K点55m)とスモールヒル(K点25m)があります。






・・「ウトロスキー場」・・

知床半島のオホーツク海側なある斜里町のスキー場です。

小さなスキー場で、スキーやスノーボードの初級者向けといったところのようです。

斜里町といえば、世界遺産にも登録された知床国立公園があることでも知られます。

スキーより流氷のほうにひかれる土地かもしれませんね。





・・・「ターンとプレー」・・・

ターンがしっかりできると、プレーも広くなり、いいプレーができると思います。

トラップにしても、ドリブルにしても、狭いプレーでは相手にも読まれやすいです。

でも広いプレーをするにはターンと視野が揃っていることが大事ですし、周囲のプレーヤーの連動も欠かせないです。

posted by とむ at 06:53| レジャーのいろいろ