2017年06月20日

ギャップ、FIFIワイルドカップ、・・について

・・「ギャップ」・・・

サッカーでの攻撃の戦術を解説するときによく出て来る用語です。

相手ディフェンダー間のすき間のことです。

完全なスペースにボールを出すより、このギャップからディフェンス裏に出すほうが厳しい攻撃になることが多いです。

そのために意図的にギャップを作り出す動きも重要になってきます。






・・・「FIFIワイルドカップ」・・

FIFAワールドカップのパロディかなと思うようなサッカー大会です。

国際大会でナショナルチームであらそわれます。

参加国・地域は国際サッカー連盟(FIFA)に加盟していないところです。

2006年に第一回大会がハンブルクで開かれましたが、2010年の第二回は中止されたようです。





・・・「平城遷都1300年祭」・・

2001年から県庁企画室に平城遷都1300年記念事業準備室が設置され準備が進められたんだとか。

奈良市付近にあった平城京への遷都から2010年で1300周年ということで開催されました。

平城宮跡会場が「メイン会場」となり、奈良県各地で開催されたようです。

遣唐使船復原展示など様々な催しがありました。







・・「幌延町東ヶ丘スキー場」・・

幌延町(ほろのべちょう)にある町営のスキー場です。

開設は平成4年とわりと新しいスキー場ですね。

小中学生も大人も楽しめるスキー場です。

宗谷管内中部の西海岸にある町だけに、パウダースノーが楽しめます。

利尻礼文サロベツ国立公園でも知られるところです。






・・・「シャポー」・・・

サッカーの神様といわれるペレのエピソードがあるフェイントです。

相手ディフェンスの頭の上をボールを浮かせてかわしていきます。

自身はボールをいったん離して横をすり抜け、ディフェンダーを交わした後にボールと合流します。

ロナウジーニョやロマーリオにも有名なエピソードがあります。



もうちょっと知りたくなる話題。シンピジウムという洋蘭はかわいい花です。工夫次第でいろいろアレンジも楽しめるのも魅力です。シンピジウムの楽しみ方の参考に、シンビジュームのアレンジのコンセプトがいいかも。花を楽しみながら、アレンジにもチャレンジすると興味がさらに膨らんでいきそうです。
タグ:ギャップ
posted by とむ at 06:38| レジャーのいろいろ