2017年01月15日

ワンツーパス、守護神、・・について

・・「ワンツーパス」・・・

2人でパスをつなぎながらボールを運んだり、試合でもよく見るプレーです。

壁パスともいわれます。

パスを出した選手が、再びパスをもらうリターンパスですが、ボールを離してる間に動きます。

ドリブルで運ぶの違い、ボールを離している間はフリーで動けるメリットがあります。





・・・「守護神」・・

サッカーでゴールキーパーを称えてこのようにいうときがあります。

神扱いというのは、それだけ難しいプレーをこなしているということなのかもしれません。

堅い守りでチームに頼られるゴールキーパーにのみ使われる称号です。

反射神経だけじゃなく、状況を判断する判断力も重要なのでした。






・・・「きらめき・みなと博21」・・・

「つるが・きらめき・みなと博21」は1999年に福井県敦賀市で開催されました。

敦賀港開港100周年記念事業の位置づけて行われた地方博覧会です。

入場料は無料でしたが、さまざまな催しがありました。

たとえば「きらめきみなと館」では、「歴史」「物流」「国際」「未来」の4つのゾーンで「敦賀港」の足跡と未来を紹介していました。






・・「マロースゲレンデ」・・

なんとスノーボード・ワールドカップが開かれたこともある旭川市のスキー場です。

サンタプレゼントパーク・マロースゲレンデという名前です。

旭川市や大雪山が一望できることから、夜景も素晴らしいといわれるスキー場です。

山の頂上付近にはニコラスタワーがあり、観光で足を運ぶ人もいるんだとか。





・・・「トーキック」・・・

前方に蹴るさいにつま先で蹴るキックです。

コントロールが難しい反面、コンパクトな動作でもそこそこ強いキックもできるので重宝です。

シュートに使われたときは、予想外の動きをすることもあります。

インサイドなどのようにキック練習することは少ないですが、けっこう使われるキックの一つです。

posted by とむ at 06:48| レジャーのいろいろ