2016年12月22日

ヒールパス、パサー、・・について

・・「ヒールパス」・・

トリックがかったパスの一つです。

意外と気軽に使えるパスですが、力が入らないヒールパスは、相手にとられる危険もあります。

相手の意表を突くにはいいパスですが、その強さには注意も必要です。

真後ろに出す場合と、軸足の裏を通して横に出す場合がよく使われるでしょう。





・・・「パサー」・・

サッカーでパスが上手い選手のことをこう呼びます。

ドリブラーとはしばしば対比的に用いられることもあります。

パスは一人ではできないので、味方との連動がすごく大事になってきます。

周りを見れて、バランス感覚が問われるのでした。

ゲームの組み立てには欠かせない存在になることでしょう。





・・・「国際ゆめ交流博覧会」・・

仙台市宮城野区で1997年に開催された地方博覧会で、第8回のジャパンエキスポとなりました。

マスコットは、パピットくんです。

テーマゾーンは3つのテーマで分けられ、心の交流ゾーン、人の交流ゾーン、未来の交流ゾーンと題して様々な催しがありました。

パビリオンも様々な企業が参加し充実していました。

100万人を超える入場者があったそうです。






・・「剣淵町びばからすスキー場」・・

廃業してしまったスキー場ですが、北海道上川郡剣淵町にありました。

様々なコースがあり、初心者から楽しめたようです。

ナイター照明もあったようですので、学校帰りや仕事帰りにも滑ることができたのかな。

家族連れでも楽しめるスキー場が無くなるって残念なことですね。





・・・「アウトサイドキック」・・・

足の外側で蹴るキックで、強くは蹴れないけど、ショートパスではおなじみのキックです。

自分の体の向きの横側にだせて、相手の意表を突くのに適しています。

コンパクトなモーションで蹴れるので、相手を背負っていたり、密集した場所でも使えます。

シュートに使う場合もあります。



たまにはね。こんな話題もいいかも。一緒に暮らすナポリタン・マスティフ(大型犬)の問題行動に悩んでいるなら、一度しつけや飼い方をチェックすることも大事だと思う。間違ったしつけでは、愛犬に思いが伝わっていないのかも。その気なら自宅でも学ぶことはできます。通うのと違って忙しくてもマイペースにトコトンできるメリットも。訓練所・しつけ教室・自宅で学ぶしつけとナポリタン・マスティフ。愛犬との適切な信頼関係を築くことができれば、愛犬は飼い主さんの嫌がることをしないですし、飼い主さんに従うことが喜びになるみたい。知らないままではもったいないから、まずは情報収集から。
posted by とむ at 06:32| レジャーのいろいろ