2016年12月04日

グラウンダーのパス、下りる、・・について

・・「グラウンダーのパス」・・

いわゆるゴロのパスです。

受け手が受けやすいパスで、パス練習では最初に練習することになります。

必要以上に手数をかけずにパスを処理できるので、受け手が次の行動に移りやすいです。

浮かないようにするためには、ボールの前後の位置関係の置き方がポイントです。





・・・「下りる」・・

前線にいる選手が、いったん下がってパスを受けたりします。

そのとき「下りる」とか「落ちる」と表現する人もいるようです。

相手ディフェンス裏ばかり狙って高いポジションをとるだけでは、攻撃が単調すぎます。

低い位置からビルドアップに関わることで、攻め手の選択肢も広がります。





・・・「北近江秀吉博覧会」・・・

長浜市街地や琵琶湖湖北一帯を会場として、1996年に開かれた地方博覧会です。

豊臣秀吉といえば、知らない人がいないほど有名な歴史上の人物です。

百姓から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」とも言われるのでした。

ちなみにNHKの大河ドラマ「秀吉」とタイアップしており、博覧会としては珍しいタイプかもしれないですね。







・・「上川町営中山スキー場」・・・

北海道上川郡上川町は、大雪山のうちの一つ黒岳への登山口に北海道有数の温泉街である層雲峡温泉があります。

そんな上川町にあるファミリースキー場です。

子供から大人まで楽しめるようなゲレンデになっています。

ロープトゥが設置され、ナイターも楽しめるんだそうです。






・・・「ダブルボランチ」・・

守備的ミッドフィールダーであるボランチを二人配するフォーメーションです。

3人のディフェンダーの前に位置して、守備の時のフォローを行うので、守備が安定しやすいです。

またボランチのうちどちらか一方は攻撃時に前線に加わって攻撃参加するのも特徴です。

posted by とむ at 06:39| レジャーのいろいろ