2016年11月16日

走っている味方へのパス、サッカーの削る、・・について

・・「走っている味方へのパス」・・・

走っている味方がスピードを落とすことなく受けることができるパスも重要なパスです。

出し手は味方の走る速さや、ボールの速さを考えてタイミングや位置を決める必要があります。

難しいパスだけど、通ればかなり有効なパスとなります。

受け手との意思疎通も不可欠です。





・・・「サッカーの削る」・・・

サッカーでは、たとえば強い相手に対して、ボディーコンタクトによりパフォーマンスや体力を「削る」という戦術もあります。

ケガをさせるような危険なプレーでは、もちろんダメですが、ルール内のボディーコンタクトはスキルの一つです。

体やあたりの強さもまた選手の特性の一つです。






・・・「花フェスタ95ぎふ」・・

岐阜県可児市で1995年に開催されました。

正式名称には、国際花と緑の博覧会5周年記念というのが入り、1990年に大阪で開催された博覧会との関連があります。

バラ園などが目玉で、花のゾーンも充実しており、入場者数は目標の50万人を大きく上回り、191万人以上も訪れたそうです。







・・「星野リゾートトマム」・・・

もともとはスキー場だけだったようですが、改善されて通年で楽しめるリゾートとなりました。

プール、ゴルフ場、スキー場など様々なアクティビティが楽しめます。

北海道勇払郡占冠村に位置します。

スキー場も初心者から上級者まで楽しめるようにコースも豊富です。






・・・「パワープレイ」・・

フォワードの数を増やして、ロングパスから得点を狙うサッカーの戦術です。

残り時間が少ないとき、どうしても点数がほしい状況で使うことがあります。

ハーフやバックだけじゃなく、ときにはゴールキーパーまで前線に行き攻撃参加することもあります。

もともとはアイスホッケーの戦術の名前だったそうです。

タグ:パス
posted by とむ at 06:39| レジャーのいろいろ