2017年07月17日

スイッチを入れる、LGカップ、・・について

・・「スイッチを入れる」・・

サッカーで攻撃のスピードアップのきっかけになること。

たとえば、ドリブル突破もそうですし、サイドチェンジ、くさびのパスなどもあります。

勝敗に関わる重要なプレーとなります。

攻撃側も守備側もその転機を見逃さないことが、いいプレーヤーの条件でしょうね。





・・・「LGカップ」・・・

LGエレクトロニクスがスポンサーとして開催しているナショナルチームによるサッカーの親善試合トーナメントです。

1997年に1回大会が開催され、以降続いています。

大会のスポンサーが韓国の大企業なのに、いつも韓国が出ているとは限らないのはどうしてでしょう。





・・・「瀬戸内しまのわ2014」・・

広島県と愛媛県が共同開催のイベントです。

32のメーンイベントと、地元の市町や住民と連携した100を超えるイベントが開催されました。

頭の瀬戸花まつりは、呉市で行われました。

江田島市を舞台にカヌーやサイクリングなどアウトドアスポーツが満喫できるイベントもありました。



続きを読む
タグ:スイッチ
posted by とむ at 06:46| レジャーのいろいろ

2017年07月10日

ビルドアップ、ムルデカ大会、・・について

・・「ビルドアップ」・・

サッカーでの攻撃の組み立てのことをいいます。

自陣最終ラインのディフェンダーから攻撃に転じるところかのはなしです。

パスを繋ぎながら全体を押し上げていくような攻め方です。

カウンターのリスクを警戒しながら、着実に相手陣地内で戦うように進めていきます。





・・・「ムルデカ大会」・・

1957年に第一回大会が開催された、サッカーの国際トーナメント大会です。

開催地はマレーシアです。

1957年とはマレーシアが独立した年であり、ムルデカとはマレー語で「独立」を意味する言葉です。

会場はムルデカ・スタジアムで、首都クアラルンプールにあります。






・・・「神話博しまね」・・

2012年に島根で開かれたイベントで、古事記編纂1300年を記念して行われました。

高さ3m×幅15m、国内最大級のアーク型超ワイドスクリーンを備えた「神話映像館」は迫力の映像でした。

しまね魅力発信ステージでは、郷土芸能やしまねっこステージなどが行われました。




続きを読む
posted by とむ at 06:24| レジャーのいろいろ

2017年07月04日

放り込み、カタール国際親善トーナメント、・・について

・・「放り込み」・・・

サッカーで中盤をすっ飛ばして前線にボールを送る攻撃です。

ロングフィードを使った攻撃なので、コントロールが難しいです。

相手にわたると反撃のきっかけになりますが、距離は遠いのでリスクは小さいかな。

キック力がある選手がディフェンスやキーパーにいるときは試せる戦術です。






・・・「カタール国際親善トーナメント」・・・

カタールといえばオイルマネーなどで豊かな国です。

そのカタールで開催されるサッカーの国際大会です。

ナショナルチームが招待されてあらそいます。

年齢制限があった期間もあり、そのころはカタール国際ユーストーナメントと呼ばれていました。

ちなみに日本も優勝したことがある大会です。






・・・「えひめ南予いやし博2012」・・・

2012年に宇和島圏域全域を会場に開かれました。

多くのイベントが行われ、1,500に近い人がボランティア登録を行い運営に参加したそうです。

「伊達なまち歩き」、「森の四万十自然学校」、「まるごと海のミュージアム」などメインのイベントだけじゃなく、数々のイベントがありました。



続きを読む
タグ:放り込み
posted by とむ at 06:29| レジャーのいろいろ