2017年05月27日

アシスト、オリンピックサッカー競技、・・について

・・「アシスト」・・

サッカーで得点につながったラストパスの事をアシストといいます。

得点について評価されるのでした。

何得点何アシストみたいな言い方をします。

ストライカーは点数を決めますが、一人だけでは得点はできないので、アシストが上手い選手がいることがチーム力に影響します。






・・・「オリンピックサッカー競技」・・・

4年に一度開催されるオリンピックの種目のひとつです。

サッカーではワールドカップのほうがメジャーな感じもしますが、国を挙げて盛り上がるサッカー大会のひとつです。

1908年のロンドンオリンピックから公式種目になったそうです。

女子も1996年のアトランタオリンピックから公式種目となりました。





・・・「花・人・土佐であい博」・・・

2008年3月から翌年2月まで高知県内の各地でイベントが開催されました。

前年にはプレ花・人・土佐であい博が開かれるなど3年にわたって賑わせたのでした。

高知城とお城下キャンドルアップや、土佐の町家コンサート、四万十川源流点「食べて歩いて見て楽しむ」田舎体験などさまざまです。



続きを読む
タグ:アシスト
posted by とむ at 05:25| レジャーのいろいろ

2017年05月21日

カバーリング、FIFAクラブワールドカップ、・・について

・・「カバーリング」・・

日本のサッカーのディフェンスは、チャレンジ&カバーが多いです。

チャレンジャーがボールホルダーにチェックに行って、やや後ろで別の選手がカバーリングを行います。

抜かれたときにカバーだけではなく、奪うチャンスにはボールを取りきる役も担います。

守備の際にカバーリングは大事です。





・・・「FIFAクラブワールドカップ」・・

その年の世界一のクラブチームを決めるサッカーの大会です。

その年の各大陸を代表するクラブチームが集結し、世界一の称号をかけて戦います。

最初のころは欧州王者と南米王者の決勝が続きましたが、徐々に変調が見られ、2016年大会では鹿島が決勝まで進み話題となりました。





・・・「彦根城築城400年祭」・・

国宝・彦根城築城400年祭は彦根市で2007年に開催されました。

1607年の彦根城天守閣完成から400年を記念する行事です。

イメージキャラクターとして誕生した「ひこにゃん」はイベント終了後も活動を続けたのでした。

「ゆるキャラ」ブームの火付け役としても知られるキャラクターです。



続きを読む
posted by とむ at 06:37| レジャーのいろいろ

2017年05月15日

クリア、FIFA U-17ワールドカップ、・・について

・・「クリア」・・

ピンチの時にディフェンスがピッチ外あるいは、相手ピッチ方向に出すことです。

キックの場合もヘッドの場合にも使います。

相手の攻撃選手からボールを奪ったら、基本は自分たちのボールにするのですが、その余裕がない場合の対応です。

クリアはしっかり強く行うことが大事です。





・・・「FIFA U-17ワールドカップ」・・

国ごとのチームで争われるサッカーの世界選手権大会です。

名前のとおり、17歳以下の選手で構成されるチームで争われます。

もともとは1985年のFIFA U-16世界選手権だったそうで、17歳以下の大会になったのは1991年からとされています。

ワールドカップという名前になったのは2007年からです。





・・・「甲斐の国風林火山博」・・

NHKの大河ドラマ「風林火山」に合わせて開催された地方博覧会です。

山梨県民情報プラザが会場となり、行われました。

風林火山といえば、戦国武将の武田信玄です。

戦国合戦エリア、エントランスエリア、シアターエリアなどでドラマ「風林火山」にちなんだ展示が行われました。



続きを読む
タグ:クリア
posted by とむ at 06:49| レジャーのいろいろ

2017年05月09日

オーバーラップ、FIFA U-20ワールドカップ、・・について

・・「オーバーラップ」・・

オーバーラップというとサイドでのプレーでよく耳にします。

外側からボールホルダーを追い越してボールを受けます。

DFが上がったり、MFが上がったりします。

近ごろではDFのオーバーラップも珍しいことではなくなっています。

それだけ、運動量も必要とするのでした。






・・・「FIFA U-20ワールドカップ」・・

サッカーの世界選手権大会の一つで、20歳以下の選手で構成されるナショナルチームで挑みます。

2年ごとに開催され、開催年の1月1日付で20歳未満であることが出場の要件となります。

学年ではないので、同じ学年でも出られる人と出られない人がいるというのは意外かも。






・・・「土佐二十四万石博」・・

高知市で高知城をメイン会場に開催された博覧会です。

2006年放送のNHK大河ドラマ「功名が辻」にあわせて開催されました。

博覧会の効果で高知城懐徳館の入場者も大幅に伸びたようです。

SL急行の一豊&千代号も好評だったようです。

土佐二十四万石博特別というレース名の競馬まであったようです。



続きを読む
posted by とむ at 02:44| レジャーのいろいろ

2017年05月03日

オフ・ザ・ボール、FIFAコンフェデ杯、・・について

・・「オフ・ザ・ボール」・・・

サッカーのゲーム中で、ボールを持っていない時のことです。

このオフ・ザ・ボールのときの準備が非常に重要です。

攻撃の場合は、ボールのもらい方や、スペースの作り方などをしっかり考えて動くことが大事です。

守備の時にはボールの奪い方やカバー、マークなどで忙しいはずです。





・・・「FIFAコンフェデ杯」・・

ナショナルチームのサッカーの国際大会のひとつです。

ワールドカップのように独自の予選を行うのではなく、各大陸の覇者が集い争われます。

つまり、日本の場合はアジアカップを制することで出場できる大会ということです。

ワールドカップの前の年に開かれるのが慣例になっています。





・・・「熊本城築城400年祭」・・

2006年12月から熊本城一帯で開催された地方博覧会です。

「ひごまる」という熊本城の形のキャラクターがマスコットでした。

ひごまるは、その後、熊本市のイメージキャラクターとなりました。

プロローグ「夜明け」から始まり、花絵巻、春絵巻、夏絵巻、秋絵巻、冬絵巻、エピローグ「未来へ」と2008年5月まで続いたのでした。



続きを読む
posted by とむ at 05:21| レジャーのいろいろ