2016年02月26日

アウトサイドキック、スペースへのパス 、・・について

・・「アウトサイドキック」・・

意表を突くキックの一つです。

強くは蹴れないですが、自分の向いている方向とは違う方向に蹴れるのが特徴です。

足の外側にボールを当ててけります。

小さなモーションでボールを出せるので、密集した場所や、相手と競りながらでも使えるキックです。

ショートパスとしては重要なキックです。






・・・「スペースへのパス 」・・・

人のいない場所に出すパスです。

パスなので、味方がボールを受けることを意図しており、味方が最初に到達できるであろう場所を狙って出します。

ただし、受け手と出し手の意向が一致しないと、ボールが流れたり、相手に渡ったりするのでした。

ディフェンス陣の裏を狙ったり、サイドチェンジなどでも使われます。






・・・「アンティークショップ」・・

アンティークショップは見ているだけでも楽しめる空間があります。

まずはショップに出かけて様々なアンティークに触れてみるところから始めるのも面白いかも。

アンティークショップは見つけるのも難しいかも知れないですが、大きめの街のどこかにはあるはずです。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年02月20日

インサイドキック、足元へのパス 、・・について

・・「インサイドキック」・・・

サッカーの蹴り方の一つで、ショートパスの際によく利用されるコントロールを重視したキックです。

足の内側を使うキックですが、踝の下あたりに当てる場合のほか、親指の付け根あたりに当てる場合もあります。

出す方向は体の正面から蹴り足内側の横方向となります。






・・・「足元へのパス 」・・

パスが味方の足元にいけば、トラップでの失敗も少ないです。

でも一方で相手にも読まれやすいので、トラップ後の動き方が大事です。

次の動作を準備してすぐ動き出さないとせっかくのナイスパスを無駄にしかねないです。

そもそも次の動作を考えると、足元よりは、少し先の場所にパスしたほうがいいのかもしれないですね。






・・・「アンティーク雑貨」・・・

雑貨が趣味と言う人は多いです。

そんな雑貨にもアンティークモノがあるみたい。

アンティーク雑貨はヨーロッパのものから、アメリカのもの、日本のものとさまざまです。

雑貨の場合、アンティークだからといって集める人だけではないでしょうね。

普通にその雑貨が気に入ったから買うという人も多いです。



続きを読む
posted by とむ at 06:58| レジャーのいろいろ

2016年02月14日

アタッキングサード、バックパス、・・について

・・「アタッキングサード」・・・

ピッチを3分割したときの相手ゴール側のエリアのことです。

ちなみに自分のゴール側をディフェンディングサードと呼びます。

また真ん中をミドルサードと呼びます。

アタッキングサードでのプレーが多ければ、相手を押している風に見えますし、少ないと攻め込めていない印象となります。






・・・「バックパス」・・・

自分より後方にいる味方に出すパスで、ときにキーパー相手に出すこともあります。

時間稼ぎに使われるバックパスはブーイングの対象になったりもします。

前にボールを運ぶ際に、相手プレーヤに阻まれて進めないときには、有効な手段の一つです。

前方向や横方向のパスには相手の警戒がより強いですからね。





・・・「アンティークの額縁」・・

額縁はそもそも絵や写真を飾るためのものです。

でも、額縁自体にも実は魅力があります。

なかなには、額縁だけを飾るという飾りかたを楽しむ人もいるんだとか。

なぜならアンティークの額縁は、額縁自体がすでに完璧な芸術品ともいえるからだそうです。

そんな額縁を探してみるのも面白そうです。



続きを読む
posted by とむ at 04:42| レジャーのいろいろ

2016年02月08日

ダブルボランチ、横パス、・・について

・・「ダブルボランチ」・・

3-4-1-2のシステムで、守備的MFのボランチが二人いるフォーメーションです。

ボランチのうち一人は攻撃時に上がり、前線の攻撃に参加していきます。

トルシエとかジーコとかのころの日本代表や、国内チームによく見られたかたちです。

守備的には安定しやすいのが特徴です。





・・・「横パス」・・・

横に出すパスで、前に進めるわけではないので、相手の警戒も比較的低く、通しやすいパスです。

近くでパス交換したり、大きくサイドチェンジする場合にも使われます。

攻撃にはいずれは縦パスやドリブルを必要とするので、そのタイミングを見計らいながらするパスとなります。





・・・「ボタンの趣味」・・・

ボタンも集めてみるといろいろあって面白いです。

素材も、形も、作られた年代もいろいろで、楽しくなりそうです。

子供たちにも動物や花などのボタンなら喜びそうです。

大人でもオシャレのアクセントのひとつとして、気分に合わせてボタンを変えてみるのも面白いかも。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2016年02月02日

スイーパーシステム、縦パス、・・について

・・「スイーパーシステム」・・・

ストッパーが攻めてくる相手選手に寄せて、それをカバーするスイーパーがいるディフェンスです。

3バックの場合は、二人のストッパーを前において、そのフォローに回ります。

4バックの場合には2人のセンターバックがストッパーとスイーパーに役割分担します。





・・・「縦パス」・・・

サイドでも中央でも縦方向に出すパスのことです。

ただし、相手ゴール方向へのパスのことをいい、味方ゴールに近づくパスについては縦パスと言わないです。

ゴールを脅かしかねないパスなので、守備側も警戒しており通すのが難しいパスです。

攻撃を仕掛ける時に使われるパスです。






・・・「アンティークボタン」・・

ボタンにもアンティークがあるそうです。

現在のボタンはプラスティック製のものが多いです。

一方で、アンティークボタンはガラス製のもの。

あるいはベークライト製のもの、セルロイド製のもの。

はたまた貝で作られたものなどもあります。

チョット変わったアレンジができそうですね。



続きを読む
posted by とむ at 06:51| レジャーのいろいろ