2015年11月30日

ゾーンディフェンス、ラ・ボーバ、・・について

・・「ゾーンディフェンス」・・

特定の相手を決めないで、エリアを決めて守備するディフェンスです。

マンツーマンディフェンスと対比されることが多いです。

受け持つゾーンを移動する相手に対して、マークの受け渡しがうまくできないと危険を招くことも。

一方で、相手に抜かれても、ほかのメンバーがフォローしやすい利点もあります。





・・・「ラ・ボーバ」・・・

足裏コントロールを使ったフェイントです。

足を止めて相手と対峙した時に、ボールを出してひっこめる動作で、相手の足をおびき出し、又抜きしたり、横にかわしたりします。

そのままドリブルで走り出したり、パスで進めることもあります。

狙って又抜きするって、けっこうかっこいいかも。





・・・「古いジュエリー」・・

ジュエリーはエジプトやメソポタミアなどの古代文明時代からあったそうです。

ジュエリーはその歴史も古いですね。

ジュエリーは時を経てもその魅力を失わないということでしょう。

しかも、骨董的な付加価値がつけばさらに価値が上がることも。

古いジュエリーには魅力がいっぱいですね。



続きを読む
posted by とむ at 06:48| レジャーのいろいろ

2015年11月24日

マンツーマンディフェンス、マシューズフェイント、・・について

・・「マンツーマンディフェンス」・・・

マークする相手を決めて行うディフェンスです。

メリットとしては、相手の強さに合わせて、守備側の選手を選べること。

たとえば相手のエースに対して守備力の固い選手を充てるなどです。

ただ、相手の動きに味方ディフェンスの配置が動かされるので、危険な場所にスペースを作ってしまう場合があります。





・・・「マシューズフェイント」・・・

正面の相手を左にかわす場合、右側に大きく踏み出す右足が特徴のフェイントです。

踏み出した足はブレーキに使い、左足でボールを左に蹴りだしてダッシュします。

ポイントは右側に踏み出すときの左足のボールタッチです。

触っていないとフェイントがばれますし、強いと右側に流してしまいます。

実用性の高いフェイントの一つです。






・・・「アンティークジュエリー」・・・

ジュエリーはそもそも何年、年十年たっても価値を失うようなものではないです。

逆に時を経ることで価値を増すこともあるようです。

たとえば、アンティークジュエリー。

製作から100年以上経ち、骨董的価値を持つものを特に、アンティークジュエリーと呼ぶそうです。


続きを読む
posted by とむ at 04:48| レジャーのいろいろ

2015年11月18日

カテナチオ、クライフターン、・・について

・・「カテナチオ」・・・

守備に重点を置いた戦術です。

その起源はイタリアで、ディフェンスラインの後ろのスイーパーの存在が特徴です。

マンマークのディフェンス陣の後衛を任され、リベロとも呼ばれます。

このカテナチオをもじって、守備的なチームについて、横浜FCの「ハマナチオ」や大分トリニータの「カメナチオ」のように言う場合もあります。






・・・「クライフターン」・・

パスあるいはクロスを上げると見せかけて、軸足の後ろをボールを通して相手をかわすフェイントです。

ヨハン・クライフがFIFAワールドカップのスウェーデン戦で披露し、世界中でまねされるようになりました。

1974年のことです。

ヨハン・クライフといえば、ペレと同じくらい有名なオランダのサッカー選手です。





・・・「着物を古着で」・・・

古着の着物なら新品に比べてかなりお手頃で手に入れることができます。

意外に素材は良かったりします。

高額でなければ、ちょっとした機会に着ることができますし、着付けの上達にもつながりますね。

おしゃれに明治や大正時代に流行った柄を狙うのもいいかもしれません。



続きを読む
posted by とむ at 04:42| レジャーのいろいろ

2015年11月12日

カウンターアタック、ルーレット、・・について

・・「カウンターアタック」・・

サッカーの攻撃方法の一つです。

相手の攻撃直後の隙をついて、攻めるというもの。

ロングボールからのロングカウンターや、高い位置でボールを奪う、ショートカウンターなどがあります。

カウンターは少人数での攻撃が成功することもあるので、守り重視のチームの攻撃として、よく使われるのでした。






・・・「ルーレット」・・・

体を反転して抜き去ることから、ルーレットという名前が付けられました。

反転させながら、相手とボールの間に自分の体を入れてボールを守ります。

反転する際にスピードが落ちるため、トップスピードのドリブルでは難しいです。

でもスピードが乗った状態でできれば、ルーレットは無敵かもしれないです。





・・・「アンティークと着物」・・

着物をアンティークと呼ぶにはすこし違和感があるかもしれませんね。

でも、古きよきものと考えれば、着物もそのひとつかもしれません。

着物は着付けが難しかったりで、女性の中にもあまり興味をもたない人も多くなってます。

日常とは一線を画す存在になってきています。



続きを読む
posted by とむ at 06:47| レジャーのいろいろ

2015年11月06日

サイドアタック、エラシコ、・・について

・・「サイドアタック」・・・

サイドから攻撃する戦術のこと。

サイドは中央と違い、密集しにくいため、ボールを運びやすいです。

そのため、ボールを十分前に進めてから、中に入れるという戦術が合理的です。

サイドアタッカーとしては、ウイングとか、サイドハーフが活躍します。

高名なサイドアタッカーとしては、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドがいます。






・・・「エラシコ」・・・

足首を柔軟に素早く切り返して行うフェイントです。

最初アウトサイドで外側に少し動かし、すぐにその足のインサイドで反対側に切り返します。

動き出しの時に使い、ドリブル中など動きながらや、加速してからでは出せない。

ブラジルではスタンダードなフェイントの一つです。





・・・「アンティークのロレックス」・・・

ロレックスといえば誰もが知る時計のブランド。

歴史も古いため、アンティークものもかなり存在します。

そいて、希少性のあるモデルには高いプレミアがつくという特徴があります。

例えば手巻き式なら、かなり希少性が高いでしょう。

レアモノは、好きな人にはたまらないようです。



続きを読む
posted by とむ at 04:38| レジャーのいろいろ