2015年10月31日

ムービングフットボール、シザーズ、・・について

・・「ムービングフットボール」・・

ポジションチェンジを繰り返したり、流動的にパスを回して展開するサッカーです。

ディフェンスにとって予測不可能なプレーとなることで、つかまりにくくなります。

その分、味方同士の連携と、集中力の維持が重要となります。

トータルフットボールの発展形といわれています。






・・・「シザーズ」・・・

ペダラーダとも呼ばれる、ボールをまたぐフェイントです。

内側から外側にまたぐ形がよく使われる形ですが、逆に外側から内側にまたぐ形もあります。

ドリブルをしながら、止まることなく相手を惑わすことができるフェイントです。

技自体はそれほど難しくないので、初めての人にもやりやすいフェイントの一つです。





・・・「懐中時計のチェーン」・・

懐中時計でアンティークを楽しむのいいですね。

でも、もしチェーンが切れてしまったら。

チェーンってなかなか手に入りにくいようです。

ほかのアクセサリーのチェーンで代用しても、なかなかシックリしないことも。

チェーンがミスマッチだと懐中時計も興ざめですね。


続きを読む
posted by とむ at 06:42| レジャーのいろいろ

2015年10月25日

ティキ・タカ、ダブルタッチ、・・について

・・「ティキ・タカ」・・

ティキ・タカはサッカーのプレースタイルの一つです。

ショートパスをつなぐスタイルで、ボールを持っていない選手の動きが重要です。

ワンタッチなどの速いパス回しや、ポジションチェンジなどがダイナミックです。

ロングボールよりも確実につなぐショートパスが優先されます。





・・・「ダブルタッチ」・・・

インサイドのボールコントロールによるフェイントです。

素早くコンパクトな動きで相手を惑わすフェイントです。

そのため、密集した場所でもボールキープに便利です。

また咄嗟の場合や、周りを確認するタイミングをつくるときなど、すごく使い勝手がいい足技です。






・・・「古い懐中時計」・・

アンティークの懐中時計にもファンが多いです。

レトロでオシャレなアクセサリーとしての懐中時計はよく見かけます。

懐中時計という時計のスタイルが、そもそもなんだかアンティークをイメージさせてくれます。

ところで、本物のアンティークでも、時計部分を覆うようについているケースは、時計本体と別のものがついていることも多いそうです。


続きを読む
posted by とむ at 06:17| レジャーのいろいろ

2015年10月19日

ポゼッションフットボール、ドリブルのフェイント、・・について

・・「ポゼッションフットボール」・・

ポゼッションとは日本語に訳すと「支配率」となります。

チーム全体でパスを回してボールをキープするスタイルです。

このスタイルといえば、ジョゼップ・グアルディオラ監督のFCバルセロナを思い浮かべる人が多いと思います。

このスタイルは、トータルフットボールを基に考え出された戦術です。






・・・「ドリブルのフェイント」・・・

ドリブルの時に使われるフェイントは状況に応じて使われます。

上体の動きで相手をだます、ボディフェイントというのもあります。

また抜きたい方向と反対に踏み出して、あいてをだますサイドステップで、アウトサイドで抜き去るときのキレが大事です。

いずれにしても形だけじゃなくタイミングがすごく大事です。






・・・「アンティーク時計」・・

アンティークといえば時計も忘れられません。

とはいえ、家具などに比べると歴史も浅い時計です。

50年くらいも経てば、アンティークの仲間に入れて良さそうです。

時計は動いてこそというのが普通です。

しかし、中には時計そのものは動かなくても、その美しいデザインだけでアンティーク時計としての価値を感じる場合もあります。



続きを読む
posted by とむ at 04:42| レジャーのいろいろ

2015年10月13日

トータルフットボール、ドリブラーのタイプ、・・について

・・「トータルフットボール」・・・

トータルフットボールといえばオランダ。

1974年サッカーW杯で見せ、有名になった戦術です。

ポジションが流動的で、且つ全員攻撃全員守備と説明されます。

この戦術のポジションは、キックオフ時の立ち位置くらいの意味しかもたないとも言われるほどです。

積極的にプレーし、空いたスペースほかの選手が埋めるという形です。





・・・「ドリブラーのタイプ」・・・

瞬発的なダッシュや、継続的なスピードをによって相手を置き去りにするドリブラーはスピード型です。

広いスペースができやすい、サイドやトップでのプレーでの活躍を目にします。

様々なフェイントで相手を翻弄するテクニック型は、センター又はハーフで活躍する選手に多いようです。





・・・「和のアンティーク家具」・・・

和のアンティーク家具というとなんだか特別なもののように思えます。

でも、そうではなく、おばあちゃんの家などで普通に見られた家具です。

茶色の使い込んだ色味で、どっしりとした存在感があります。

着物などの保管にもちょうど良いサイズの箪笥や、お茶の道具などがしっくりくるような小さな茶箪笥などです。


続きを読む
posted by とむ at 04:38| レジャーのいろいろ

2015年10月07日

ユーティリティープレイヤー、ドリブル、・・について

・・「ユーティリティープレイヤー」・・

ユーティリティープレイヤーとは複数のポジションをこなせる選手のこと。

フォワード、ミッドフィールダー、ディフェンダーなどのうち複数のポジションができる選手のことです。

ただゴールキーパーとフィールドプレーやの両方をこなす選手はほとんどいないです。

とはいえ、両方で活躍した選手も稀にはいるみたいです。





・・・「ドリブル」・・

パスを出さずに自分でボールを運ぶことをドリブルといいます。

ドリブルには足元のコントロールとともに、走るスピードやチャージにも負けないボディバランスなども大事です。

ドリブラーはドリブルが得意な選手のことを指して言いますが、いいドリブラーにはスター選手も多いです。






・・・「海外のアンティーク家具」・・・

アンティークといえば、家具をイメージする人は多いです。

ところで、このアンティーク家具。

わざわざ海外までいって購入する人も多いんだそうです。

すごいですね。

日本では、そもそもアンティーク家具を扱う店が少ないくて、好みも左右することから、気にいった家具がなかなか見つからないからなんだそうです。



続きを読む
posted by とむ at 04:41| レジャーのいろいろ

2015年10月01日

ウイング、無回転シュート、・・について

・・「ウイング」・・・

ウイングは3トップのときの両サイドのフォワードのことです。

サイドを突破してクロスを上げる役割があります。

突破力や足の速さがカギになるのでした。

昔は守備的な役割をあまり期待されなかったのですが、守備への貢献などハーフ的な動きも重要になってきています。






・・・「無回転シュート」・・・

シュートしたボールが威力があるのに回転がない、または回転が極めて少ないと、不規則な動きをします。

それを狙ったシュートです。

ブレたり、急に落ちたりとキーパーには非常に取り難いボールです。

ある変化するには程度距離も必要なので、ミドルシュートやフリーキックで見られます。






・・・「アンティーク好み」・・・

アンティークを好む人は一般的に年輩の人が多いというイメージがあります。

でも、若い人でもアンティークに気を惹かれる人は少なくないです。

とはいえ、好きなアンティークは人によって違います。

性別によっても傾向的な違いがあります。

同じ人でも年齢を重ねることで好みが変わることもありますしね。



続きを読む
posted by とむ at 04:46| レジャーのいろいろ