2017年12月05日

サポーター、マンUプレミアカップ、・・について

・・「サポーター」・・

サッカーの場合は、ひいきのチームを応援する人をファンとは呼ばず、サポーターと呼びます。

一般のファンとは異なり、レプリカのユニフォームなどを着て応援したりしています。

ラッパや太鼓、旗などを用い、一体になった応援もすごいのでした。

一部の過激で好戦的なフーリガンと呼ばれる人たちもいるようです。





・・・「マンUプレミアカップ」・・・

中学生年代のサッカーの国際大会です。

マンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップといいます。

毎年8月に行われ、世界各地の予選会から勝ち上がってきたクラブチームが参加します。

日本の場合はJFAプレミアカップです。

もともとは「ナイキ・プレミアカップ」という名前でした。

2003年から名前を変更したそうです。





・・・「栗山町スキー場」・・・

北海道夕張郡栗山町にあるスキー場です。

JR栗山駅から車なら5分、徒歩なら20分というところです。

スキー場へのアクセスとしては山すぎず、悪くないですね。

地元小学校のスキー授業にも使われているようです。

ですので小学生くらいの子供と一緒に行って楽しむのにもよさそうです。




続きを読む
タグ:サポーター
posted by とむ at 06:54| レジャーのいろいろ

2017年11月26日

ゴールセレブレーション、トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ、・・について

・・「ゴールセレブレーション」・・

サッカーでゴールを決めた後に喜びを表すパフォーマンスのことです。

日本ではゴールパフォーマンスとも呼ばれます。

選手一人で行うものもあれば、複数の選手で行うものもありますし、チーム全員で表現するものもあるのでした。

ゆりかごダンスなどある意味共通のパフォーマンスもあるのでした。






・・・「トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ」・・・

2009年大会から正式名称をヴィアレッジョ・カップ・ワールド・フットボール・トーナメント・コッパ・カルネヴァーレとしてます。

サッカーの国際ユース大会です。

歴史も古く、1949年から開催されています。

国際サッカー連盟(FIFA)、欧州サッカー連盟(UEFA)なども公認です。






・・・「かもい岳国際スキー場」・・

北海道歌志内市歌神の神威岳にある周辺では屈指の規模のスキー場です。

4つのリフトがあり、コースは10本で、初級者から上級者まで楽しめるようになってます。

ゲレンデは東西に大きく2つに分かれます。

山麓には、かもい岳温泉があり、スキーとともに温泉も楽しめそうです。



続きを読む
posted by とむ at 06:53| レジャーのいろいろ

2017年11月18日

ダイバー、ロボカップ、・・について

・・「ダイバー」・・

サッカーでファウルをもらうために、転倒したりするプレーヤーのことをいいます。

クロスプレーは一瞬ですし、上手に転ぶと足を引っかけられたように見えますからね。

でも近ごろはVTRで実際のところがバレバレなので、ファウルはもらっても、あとで揶揄されることもあるのでした。






・・・「ロボカップ」・・

ロボットがサッカーで戦う世界大会が、ロボカップです。

サッカーはメインのようですが、それだけではなく、ロボカップはロボット競技の祭典です。

小型、中型、人型などのカテゴリーがあり、自律走行のロボットがサッカーで競います。

AIによる戦いです。

サッカーをするロボットってなんだかおもしろいですね。






・・・「上砂川岳国際スキー場」・・・

このスキー場は、残念なことに2007年に廃止になったそうです。

2,000mのダウンヒルがあったり、800mの30度の急斜面があったりと、緩急に富んだゲレンデだったそうで、惜しまれます。

リフトやナイター設備ももちろんあったそうで、昔はかなりにぎわったのでしょうね。




続きを読む
タグ:ダイバー
posted by とむ at 06:53| レジャーのいろいろ

2017年11月10日

カードコレクター、ボーダコム・チャレンジ、・・について

・・「カードコレクター」・・

よくイエローカードや、レッドカードなどのカードを出される選手のこと。

それにしても皮肉った言い方ですね。

ルールを知らないわけではないけど、熱くなると止められなくなるタイプの選手なのでしょうね。

リーグやトーナメントなど長く戦う試合だとカードの蓄積は困ったものです。






・・・「ボーダコム・チャレンジ」・・・

サッカーのプレシーズントーナメントです。

名前に冠しているボーダコムが協賛しています。

南アフリカ共和国の2大クラブと招待クラブであらそいます。

ヨーロッパチームも招待されており、マンチェスターユナイテッドなどの名前も過去の出場チームにみることができるのでした。






・・・「桂沢国設スキー場」・・

北海道三笠市にあるスキー場です。

初心者コースから上級者コースまであり、スノーボートも頼めるエリアがあります。

スキーの上手い下手に関わらず、家族ずれで楽しめそうです。

雪はもちろん北海道ならではの良質なパウダースノーなんだとか。

スキーもボードもレンタルがあるそうです。



続きを読む
posted by とむ at 06:55| レジャーのいろいろ

2017年11月01日

エースキラー、BTVカップ、・・について

・・「エースキラー」・・

サッカーで相手のエースを抑えるための働きをするプレーヤーのことです。

マンツーマンでマークにあたったりします。

キーになる選手を抑えることで、相手チームの攻撃が乱れることも期待できます。

この役割は、ディフェンスが得意な選手が適しているのかもしれません。






・・・「BTVカップ」・・

サッカークラブの親善大会で、ベトナムで行われています。

ビンズオン省で行われ、ビンズオンFCの本拠地ゴーザウ・スタジアムが使われます。

主催は、ベトナムプロフェッショナルフットボール (VPF) で、Vリーグの主催者でもあります。

過去にはアビスパ福岡も参加したことがあるのでした。





・・・「岩見沢萩の山市民スキー場」・・・

北海道岩見沢市にある民営のスキー場です。

「日本一ワイドなゲレンデ」と称される幅1.5kmのゲレンデが特徴なのだとか。

インターチェンジに近いことからアクセスが良く、多くの人に利用されているようです。

緩いコースも多く初心者にはうれしいみたいです。

子どものソリ用のコースもあるそうです。




続きを読む
posted by とむ at 06:52| レジャーのいろいろ

2017年10月25日

ボールウォッチャー、ルナー・ニューイヤー・カップ、・・について

・・「ボールウォッチャー」・・

ボールばかり追う選手のことをいいます。

でもどんな選手でも、ついボールウォッチャーになってしまうシーンはあるものです。

攻め手は、いかに相手の意識をそぐかが大事なかけひきになるのでした。

相手がボールウォッチャーになった瞬間を見逃さないことも大事です。





・・・「ルナー・ニューイヤー・カップ」・・・

1月下旬から2月上旬にかけての時期に、香港で行われるサッカーの国際大会です。

この時期は旧正月にあたります。

名前の「ルナー・ニューイヤー」は、旧正月を表す言葉です。

日本代表も何度か出場したことがあります。

そのほか清水エスパルスも出場しているのでした。






・・・「赤平山スキー場」・・・

赤平市にかつてあったスキー場です。

残念ながら2004年に閉鎖となったそうです。

コースは4つあったそうで、初心者から上級者まで幅広く楽しめるコースになっていたようです。

札幌からのアクセスも90分程度、旭川からのアクセスも60分程度と移動範囲内にありました。



続きを読む
posted by とむ at 06:52| レジャーのいろいろ

2017年10月18日

守護神、ドバイカップ、・・について

・・「守護神」・・

チームに頼られるキーパーのことを守護神と呼ぶときがあります。

ゴールを堅固に守ってくれるということで、「神」という言葉が使われるのはすごいですね。

それだけゴールを守るのは重要なポジションです。

日本ではあまりキーパーに人気がないようですが、ヨーロッパでは人気のポジションなんだそうです。





・・・「ドバイカップ」・・

「ムハンマド・ビン=ラーシド国際サッカー選手権」が正式名称です。

ドバイカップは通称です。

ドバイで行われるからですね。

サッカーの国際大会で、クラブチームが戦います。

2007年の1回大会はベンフィカが優勝しました。

そして翌年の2回目は、インテルナシオナルが優勝しました。





・・・「真駒内スキー場」・・

西武ホールディングスが運営していたスキー場です。

札幌市南区にあり札幌藻岩山スキー場と並び、地下鉄駅から交通至便でしたが、2007年に廃業となりました。

初心者から中級者向けのコースに加えて、FIS公認ハーフパイプもありました。

リフト券が2時間券から1日券と幅があり、リーズナブルに楽しめるスキー場としても知られていました。



続きを読む
タグ:守護神
posted by とむ at 06:49| レジャーのいろいろ

2017年10月11日

ハードワーカー、エウゼビオ・カップ、・・について

・・「ハードワーカー」・・・

サッカーでのハードワーカーといえば、運動量が多く味方のプレーに貢献する選手のことです。

たとえば相手のボールホルダーに対してはプレッシャーを与え、パスコースを切ったり、マークについたり。

ハードワーカーの働きがゲームに大きく影響を与えるシーンは多いです。






・・・「エウゼビオ・カップ」・・

SLベンフィカが主催の親善サッカー大会で、毎年プレシーズンに行われます。

場所はホームスタジアムのエスタディオ・ダ・ルスです。

ちなみにエウゼビオはベンフィカで活躍した選手です。

招待されるチームもヨーロッパで有名なチームがくるので、なかなか面白い試合が見られるのでした。






・・・「フッズスノーエリア」・・

1963年に藤野ヘルスランド国際スキー場としてスタートしました。

現在のフッズスノーエリアになったのは2001年のことです。

初心者から上級者まで9コースが設置され、幅広い人たちが楽しめるようになっています。

日本で2カ所しかないリュージュの練習コースとしても知られます。



続きを読む
posted by とむ at 06:49| レジャーのいろいろ

2017年10月03日

ファンタジスタ、トロフェオ・サンティアゴ・ベルナベウ、・・について

・・「ファンタジスタ」・・・

主にイタリアなどで使われているサッカー用語なんだとか。

誰もが驚くようなプレーでスタンドを沸かせるプレーヤに送られる称号です。

特にフォワード選手に対して使われます。

ちなみにプレッシングを多用するコンパクトな戦術では、ファンタジスタは生まれにくいんだとか。





・・・「トロフェオ・サンティアゴ・ベルナベウ」・・・

8月末から9月の初めころに毎年行われる親善トーナメントです。

レアルマドリードが主催しており、有名クラブチームが招かれて戦います。

4チームが招待されて、トーナメントを行います。

一時期1チームを招いてい1試合だけという時期もありましたが、2002年から4チームでの戦いに戻りました。





・・・「滝野スノーワールド」・・・

国営滝野すずらん丘陵公園スノーワールドは札幌市南区滝野にあるスキー場です。

チューブそり、歩くスキーなども楽しめます。

そり専用ゲレンデなんて小さな子供たちには嬉しいはからいだと思います。

スキーだけでは飽きちゃうくらいの子供と一緒でも大丈夫ですね。



続きを読む
posted by とむ at 06:53| レジャーのいろいろ

2017年09月26日

ストライカー、アウディカップ、・・について

・・「ストライカー」・・・

ストライカーは点取り屋ともいわれ、チームの攻撃の主役的な存在です。

いいストライカーがいるチームはやはり強いです。

サッカーのゴールは大きいですが、意外とゴールを決めるのは難しいです。

ストライカーにもいろんなタイプがありますが、とにかく点を取ることが大事な役割です。






・・・「アウディカップ」・・

ドイツの自動車メーカーであるアウディが、創業100周年を記念して始めたサッカーの大会です。

クラブチーム対応のカップ戦です。

会場はミュンヘンにあるアリアンツ・アレーナです。

ホストチームはバイエルン・ミュンヘンです。

世界のビッグチームが招かれて戦うのでした。





・・・「白旗山競技場」・・・

札幌市清田区有明に位置する321.5mの白旗山は、清田区のシンボルのひとつともいわれるそうです。

FIS公認スキー距離競技場として1990年12月に完成しました。

クロスカントリースキーコースや歩くスキーコースがあります。

夏場は天然芝サッカー場としても使われているそうです。



続きを読む
posted by とむ at 06:49| レジャーのいろいろ